絶対話せる!英会話

ルームメイトに救われた夜。

この記事は1分で読めます

昨日はECO8の試験、そして今日はENG1Bの試験が終わり、ちょっとした喜び気分に浸れる予定だったのだが、全くそんな気分にはなれなかった。ENGの試験は2パートに分かれており、Terminologyや今まで読んだショートストーリについての設問部分と、ショートストーリーについてのエッセイを書くことになっていた。

とにかくエッセイを書く時間がなくなることを恐れた私は、前半部分をあまり見直しもせずに、エッセイに取り掛かった。(前半部分を提出した後、後半部分のエッセイのテーマをもらえる。)エッセイのテーマは3つあり、その中から自分で1つを選び、教科書やハンドアウトを使用してテーマに合うショートストーリーを3つ選び、書き上げるというものだった。ショートストーリーの中から、それぞれ文章を引用もしなければならない。なので後半部分はテキスト(必須)と辞書は使用可だった。

時間は十分にあったのだが、時間がなくなることを極端に恐れたため、深く考えずに書き始めてしまった。(普段は絶対にしないのだが。)そのためそれぞれのパラグラフがThesisをあまりサポートしていない内容になってしまった。それぞれのパラグラフは上手く書けたと思うのだが、肝心のテーマが「?」なのである。何のために書いたんだ?と思われるようなエッセイになってしまった。

そして試験がやと終わったという開放感を味わうこともなく、へこんだまま仕事へ向かった。そしてそこでは最近は人数が多いため、仕事の曜日をずらすことを言い渡される。これまたショック。

その後パタパタとしていたら、今度は指を切ってしまった。あー、今日は厄日か?

仕事場でお寿司をたくさんもらったので、帰宅後ルームメイトに「寿司があるよ。」と声をかけた。(中国人の女の子、日本人の男の子)その後、もう一人の中国人のルームメイトが帰宅し、4人でささやかな食事会になった。ルームメイトは皆話し好きなので、楽しくご飯を食べた。

そしてやっと気分が晴れた。まだすっきりとしてはいないが、へこみっぱなしで布団に入ることだけは避けられたようだ。普段は一人の方がいいと思うが、へこんだときに話せる人がいるとかなり救われる。たわいもない話をしていても、気分が良くなるというもの。そして今日、私はルームメイトにこの厄日気分から救われた。

あわせて読みたい

  1. まだまだ。

    2011年4月3日11:43

  2. く、車が…。

    2007年10月25日11:45

  3. 新しい部屋をゲット!

    2005年3月13日0:00

  4. 花売りの乙女。

    2008年2月14日0:00

  5. 老化と気力。

    2004年11月6日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!