絶対話せる!英会話

移民にやさしい国。

この記事は2分で読めます

私はアメリカは移民に優しい国だと思う。なぜならグリーンカードをゲットした途端、私はいろいろと恩恵を受けているからだ。

まず授業料はアメリカ人と同じになった。例えば来学期外国人留学生は、
1ユニット214ドル(Enrollment fee、Nonresident tuition、Out-of-Country、Audit feeの合計)なのだが、移民の私は1ユニット35ドル。(Non-resident tuition 160ドルとOut-of-Country nonresident surcharge 19ドル分が、留学生より少ない。)

そしてそれだけではなく、私は去年の収入と今年の収入を申告し、BOGW WaiverというFinancial Aidまで受けている。そのためEnrollment fee20ドルはタダになり、私は1ユニット15ドルだけで済むことになっている。パーキング代40ドルも20ドルに減額される。そして実は他のFederal Pell GrantというFinancial Aidの適用にもなっており、実際は全く払わなくて済むことになっている。つまり授業料全額免除なのである。先々学期まで30万円近く払っていたことを考えると、ものすごい差があることが分かる。

冬セッションは7単位取るのだが、授業料は全てタダのため、払うのはStudent Service Fee 2ドルと、Health Fee 11ドルの合計で13ドルだけである。

Financial Aidの恩恵は授業料だけではない。先日University of Californiaへトランスファー手続きをネットで行ったが、1つの学校につき60ドルの手続き代も私は免除になった。4つのUCまでは免除になるらしい。

そしてそのほか病院代も私は免除になっている。なぜならMedi-Calの対象者として認定されたからだ。留学生でなくなったため、突然それまで保持していた保険の対象外になってしまった。そのとき私は手術をすることになっていたため、病院に相談したところ、Medi-Calの対象に該当するので、心配しなくていい、と言われたのだ。その後手術、術後の経過観察、そして2度目の処置(実は先週の木曜日に再度医療処置を受けた)は全て無料。この病気以外の症状でも対象となるらしく、他の件での病院代も全て免除されている。私はマイナーな病気になりやすい体質で、病院通いがとても多い人なので、本当に助かっている。

昨日まで外人だった人を自国の人と同様に扱う。かなり太っ腹な国の政策だ。日本ではどうなっているのだろう?日本政府もアメリカと同様に移民にこれくらい親切なのだろうか?

自分の体験を通して感じることは、アメリカは本当に移民に優しい国である。だから世界中から人を引き付けるのだろう。先週も病院代の心配をしないで、快適でキレイな病院で医療処置を受け、しみじみとそう考えた。

あわせて読みたい

  1. アジアンマーケット

    2004年11月14日0:00

  2. アルメニア人虐殺。

    2007年9月19日15:12

  3. San Felipeから無事に帰宅。

    2010年6月2日15:47

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!