絶対話せる!英会話

懐かしいもの、懐かしい人。

この記事は2分で読めます

他の方々のブログを拝見していて、懐かしいっと思ったもの。まずは「ガラスの仮面」。高校受験の直前に、この漫画を初めて読み、勉強そっちのけではまった覚えがある。確か当時は16巻ほどまで出ていて、一気に買ってしまったのだ。新刊が出るなんて、あー読みたい。来年の6月までお預けか…。

二つ目は「バンドエイド」。1984年ですか…。もう20年前の話だなんてビックリ。ついでにいつの間にかその頃から20年も生きている自分にもビックリしてしまう。

歳を取ったせいか、あるいは好きな音楽の好みが決まってしまったせいか、新しい音楽なんて7,8年聞いていないような気がする。若い頃は、何となくヒット曲も知っていたような気がするのだが。今は日本はもちろん、アメリカの曲も何も知らない。元々どちらにも興味があまりないと言えばないのだが。私がここで聞くのは、車の中で「サザンカリフォルニアクラシックロックステーション」だけである。よくかかるのは、Led Zeppelin, The kinks, Queen, The Rolling Stones, The Beatles, The Who, The Doors など。たまにパンクも聞きたいのだが、このチャンネルではかからない。懐かしい音楽と言えば、やっぱり私にとっては80年代半ばから後半になるらしい。好きか嫌いかは別にして、若いときに聞いた曲はなぜか昔を簡単に思い出させてくれるのである。

今日はエクセルで住所録を作成していた。今のアドレス帳(紙の手帳)は14年前から使っている。書き足したり、消したり、住所変更したり、今ではほとんど思い出すことのない懐かしい人の名前が手帳には沢山残っていた。実際この中で未だに連絡を取っていていたり、メール交換(当時はメールなんてなかったが)している人は半分ほどだ。皆どこで何をしているのだろう?同じ会社に勤めていたとき毎日会っていたはずの人たちだが、今はどこで何をしているのだろうか?そうかと思うと、旅先で知り合い数時間しか一緒に過ごしていないにも関わらず、14年前からずっと連絡を取り合っている人もいる。しかもその一回しか直接お会いしたことはないのである。一度もお会いしたことのないメル友もいる。住所録を作成しながら、私が死んだら、誰がこの人たちに連絡してくれるのだろう、なんてことを考えた。順番から行くと、親に頼んでも仕方がない。友人数人に「連絡してほしい人リスト」を送っておこうか。とりあえず暇なときに英語と日本語で「生前のお礼状」でも作っておこうか。

明日は懐かしい人たちにネットでグリーティングカードを送ることにしよう。

あわせて読みたい

  1. 久しぶりの冷や冷や体験。

    2010年7月28日11:03

  2. 移民に優しい国。

    2007年8月24日0:25

  3. Out of the Closet。

    2009年11月5日4:38

  4. パタパタとした午後。

    2006年8月22日0:00

  5. 花売りの乙女。

    2008年2月14日0:00

  6. 暑い。

    2008年5月17日16:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!