絶対話せる!英会話

レストランでの注文の仕方 「これください。」(#29)

この記事は3分で読めます

昨日「これ、もらっていいですか?」
という表現紹介しましたが、
「Can I have ~?」は、
レストランでも、使います。

 

私、学生時代はアメリカで

レストランでバイトをしていたので、
レストラン英語には大分強くなりました。^^

 

経験から得た生きた英語表現を

シェアしますね。

 

今日の記事は、前回からの続きです。

 

[1] もらっていいですか?
[2] レストランでも使える「これください。」(この記事です。)
[3] 質問していいですか?

 

レストランでのオーダーの仕方って、
いろいろと言い方はあるのですけれど、
そんなに使い方にこだわらなくていいと思います。
なぜかと言うと、人によって言い方が
違うだけだからです。

 

安いお店からビバリーヒルズまで
何店か経験しましたが、特にこれじゃないといけない
という表現はないように感じているからです。

 

私たちだって、「これ、ください。」と言う日もあれば、
「これをお願いします。」など言う日もありますよね。

 

以下は、オーダーの際、どれも使えます。
★ Can I have ~?
★ Can I get ~?
★ Could I have ~? ( Can I ~?よりも少し丁寧。)

★ May I have ~?
( とても丁寧な言い方。

許可を求める聞き方ですが、
オーダーでも使われます。)

 

あるいは

「これをお願いします。これを取ります。」
のように以下の言い方でも構いません。

 

★ I’ll have ~.

★ I’ll take ~.
★ I’ll get ~.
★ I’d like ~.  ( I’ll take/have/get ~より、丁寧。)
★ I’d like to have ~.

 

よく日本の人は、
「どれがどう違うのですか?」とか
「どれが一番丁寧ですか?」とか
とても細かいことを知りたがりますけれど、
レストランやデリカウンターのオーダーに関しては、
上の表現、どれを使っても大丈夫です。
お好きなのをお使いください。^^

 

10.I_ll_take_this

 

レストランで、「May I ~?」みたいに

どうして丁寧にお客である自分が

相手の許可を求めるような聞き方をするの? 

と不思議に思われる方もいるとは思いますが、
私の友人みたいに、

「May I ~?」を使うという人もいます。

 

私が学生時代にウェイトレスをしていた経験では
上に書いたものは、全部聞いたことがあると思います。

 

よく聞いたのは、
★ I’ll have ~.
★ Can I have ~? でしょうか。

 

応用が利いて適度に丁寧な感じは、
★ I’d like ~.
★ Could I have~? 

だと思いますので、一つだけ覚えるのなら、
これらのどちらかだけでもいいと思います。

 

◆ レストランでメニューを見ながら、

オーダーするときは、指させばいいので、

もっと簡単にオーダーができます。


指を指して、

★ Can I have this salad?
★ I’ll have this salad?
★ I’ll take this salad.

こう言えば伝わります。

 

英語のメニューでは、食べ物に通し番号が
ふってあることがよくあります。
例えば、No.85 の食べ物をオーダーしたい場合は、

 

★ Can I have number 85?
★ I’d like to have number 85.

 

これを二つオーダーするときは、

こうなります。

★ Could we have “two” number 85s ?

★ I’d like to order two number 85s.

 

以前、この記事を書いたときに

周りのアメリカ人友人数人に、
番号の数を複数形にするかどうか、

つまりNo.85 を複数形で言うかどうかについて

聞いた見たことがありました。

そのときはどっちでもいい、という答えが多かったですが、

しかしその後8年ほど経ってから、

また別のアメリカ人友人数人にまた聞いてみたところ、

あった方がいいという意見の方が多かったです。

ですので、「two number 85s」のように、

番号の後にs を付けた方がよさそうです。

 

コーヒーなどについては、2つオーダーするときは、
そのオーダーの前に数字を入れて、
「コーヒー」を複数形にします。
つまり「コーヒー2つください。」なら、

こうなります。

 

★ Could we have two coffees, please?

 

コーヒーや、ビールや、水のようなものは、
それ全体を指す時は、数えられませんが、
オーダーの場合は、数えられます。

 

◆また、お水が欲しいときは、

 

★ Can I have some water?
★ Can I have a glass of water?

 

上のどれでも大丈夫です。
あなただけでなく、テーブルの皆が
お水を欲しいときには、

 

★ Can we have some water?


と言ってください。
また、テーブルの中で一人が、

Can I/we have water?」と
ウェイター(ウェイトレス)に伝えると、
時々、「How many?」と聞かれることがあります。

 

Can/Could I have ~?

I’ll have .

I’d like ~.


この言い方を覚えておくと、
レストランでのオーダーは大丈夫です。

 

レストランでは大抵の場合、

席で会計を済ませますので、
チェックはテーブルでもらいましょう。

 

★ Could I have the check, please?

 

もちろん他にも

いろいろな言い方はありますが、
Can/ Could I have ~?」を

覚えておくと、日常生活でかなり応用が利きます。

 

いろいろな場面を想像して、
使いこなせるようになってください。

 

この記事は続きになっています。

[1] もらっていいですか?
[2] レストランでも使える「これください。」(この記事です。)
[3] 質問していいですか?

 

私がどうやって29歳から英語を勉強し直し、

今に至ったのかの勉強法については、

こちらのPDFにまとめています。

040t

★ 「英語を使えるようになるための学習法」無料プレゼント

ダウンロード

ダウンロードはこちらから

記事が楽しめましたら、クリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

★ iPhone & アンドロイド無料アプリ
絶対話せる!英会話。アメリカから英会話&英語攻略法をお届け。

 

絶対話せる!英会話。(無料)
アメリカから英会話
&英語攻略法をお届け。
 

 

あわせて読みたい

  1. 31.「終わったー!」

    2013年7月31日5:55

  2. 43. クイズ・2 (7/24~7/31)

    2013年8月12日7:24

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

これをしないとあなたは英語が話せない

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!