絶対話せる!英会話

ツイている私。

この記事は3分で読めます

今日は学校へいろいろと用事を済ませに行ってきた。済ませた用事は以下の通り。

Parking Office – 夏学期のParking Permitの受取
Economic Departmentの担当者 – 新しいGrantの手続き
                      (仕事場の給料元が変わるのだ)
Work & Study Office – 質問
Financial Aid Office – 質問
Student Loans Office-提出書類の確認
Counseling Office -今後のカウンセリング
Book Store-テキスト購入

明日はマイナーへの願書を提出にもう一度学校へ行く。そして新しいGrantに必要な書類とStudent Loansに必要な書類を提出して来る予定。休み中だと学生がほとんどいないので用事がまとめて終わるのがいい。

私はいつもついている人だな、と自分で思っているのだが、その理由は今日も2つ。実は新しいGrantで給料をもらうことになったのは、教授がもっと私に働いてもらいたいからなのである。今までのWork & Studyプログラムではなく、今度はどうも学部付きの仕事扱いとなったらしい。今学期は忙しく、あまり教授の仕事が捗らなかった。そのため教授はウェイトレスでの仕事を減らしてでも、彼の仕事を進めて欲しいので時給を3ドルも上げてくれた。仕事自体は変わらないのに、何ともありがたいお話である。

そして二つ目は、今日のカウンセラーの偶然の助け。時系列で話すと、実は昨日、マイナーへの願書提出の締切日が先週だったことが分かった。しかしこれは私ではなく、このマイナーのDepartmentが悪い。ネットにはしっかりと締切日が7月13日と書いてあるのだ。しかもApplication Formにも同様に7月13日と書かれている。何度もネットで確認して、締め切りは来月と確信を持っていた。ところが2ヶ月ほど前にその部門から直接もらってきた書類をふと昨日見てみたところ、6月13日と書かれていたのだ。慌てて昨日その部門へ電話をした。すると今週末までなら受け付けるので大丈夫よ、と言われた。しかしそれにしてもねぇ、ネットでしっかり日付が間違っているのは止めてもらいたい。今日の時点でもまだ日付は直されていない。しかしそういうわけで昨日から急遽エッセイ書きとなったのだった。

書く内容は決めていたのと、トランスファーへの願書の内容を半分ほど利用したので(表現は少し変えた)一通り昨日で形にした。そして以前からお願いしてあった歴史の教授と、開発学のTAへメールを送り目を通してもらった。今日の午後には二人ともかなりご丁寧にコメントと訂正をくれた。

そして本日、別の用事でカウンセラーと話をしていたところ、実はそのカウンセラーが私が応募するマイナーの大学院生であることが分かり、いろいろと話を教えてくれたのだ。夏休み中で学生もほとんどいないため、時間を延長して私にいろいろと話をしてくれた。そして私はエッセイを持参していたため、それについても意見をもらった。更にこのカウンセラーの彼女、今日中にメールをくれれば(私が明日提出すると言ったため)、エッセイの最終チェックもしてくれると言ってくれたのだ。何てありがたいお話。このカウンセラーではなく、カウンセリングオフィスには他にもカウンセラーがいたのだが、たまたま彼女が「いいわよ、私がこの学生を引き受けるわよ。」と言ってくれたのだった。そしてその彼女が私が目指す学部の大学院生だったなんて、何てラッキー。いろいろ大学院へ入った際のことも聞いてきた。

本当にこのカウンセラーとの出会いはラッキーだった。たまたま今日学校へ行くことにして、たまたまそのときオフィスにいたカウンセラーの一人だったわけだ。すぐに返事をくれた教授とTAの助けといい、私って本当についている。

更に今日は部屋を見てきた。実は今のアパートの契約を7月で終わりにして、自分がどこかのアパートへ移ろうかと考えているのだ。なぜかと言うと、今のルームメイトは学生でもなくなってしまったし、きちんとしたステータスで仕事をしているわけでもないし(元々はF1ビザの学生なのだが、最近学校も止めてしまって今はバイトをしているだけ。)いつ日本へ帰ってしまうかも分からない。彼女が急に去ってしまい、慌てて学期の途中で引越し先を探すことは避けたいので、それなら自分が契約を止めて、どこかの部屋へ入った方がそういった不安からは抜け出せると思ったのだ。

私の部屋はきれいだし(外見は別)家賃もそれほど高くはないのだが、それほどとてもいい場所にあるわけではないので(学校へ近いなどの立地)車を持っていない人には住みにくい場所である。車を持っていたら、LA全体のほぼ中央なので、どこへ行くのにもとても便利だし、治安も悪いというわけではない。何せ少し行けばビバリーヒルズだし、Korea Townも近いし、Santa Monicaだって高速で15分。しかし日本人学生はもっと海の方や学校の側に住みたがる。そして働いている人からは少しランクが下がる中途半端な物件なのだ。私は車も持っているし、この部屋自体はとても気に入っているのだが、しかしこの中途半端さ故にあまり人にアピールする要素に欠けているのだ。だから新しい人が決まらなくて、自分が家賃を倍払うことになってしまうよりは、自分が移った方がいいのではないか、と考え始めたのだ。

なのでぼちぼちと部屋探し。7月末までまだ1ヶ月以上あるので、なかなかその頃から空く部屋は掲示板に出ていないのだが、一昨日一つ見つけたので今日は訪ねて行ってみた。部屋は悪くない。今のところよりも20ドル家賃は高くなるのだが、自分の部屋の中にバスルームが付く。これはかなりいい。トイレが近い私には自分専用のトイレがあるとかなり気分的に落ち着く。学校までの距離は同じくらい。バイト先からも遠くない。確実に駐車場があるので、今のところよりも駐車の心配もしなくていい。(今のところは1台分しかないので、ルームメイトと半々で使っている。)そして何と言っても徒歩圏内に沢山店がある。これもちょっといいかも。とりあえず今日は返事がまだできないので、月曜日にメキシコから帰ってきてから、返事をすることにしてきた。部屋探しもとんとん拍子で決まるといいのだが。

さ、何となく全て気分がいいところで(お酒も入っているので)、残りの書類も片付けよう。

あわせて読みたい

  1. アイススケート。

    2005年3月20日0:00

  2. 冷えた。

    2009年1月28日13:09

  3. 10台の玉突き。

    2011年3月10日13:13

  4. Dubai。

    2008年11月22日3:41

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!