絶対話せる!英会話

雨と事故。

この記事は2分で読めます

今年に入ってから、1日しか晴れた日がない。2日から今日10日まで、毎日雨。そのせいでカリフォルニアのどこかでは山崩れが起きたらしい。ラジオのニュースを聞いていたら、Southern Californiaだけで、500件以上の事故があったそうだ。しかしその事故数の多さにも納得する。今日は私が住んでいる辺りも大雨で、夜に車を運転していると、白線なんて全然見えないのだ。どーして光らないの、この国の白線は。しかも街頭が少ないので、全然見えない。そして水はけが異常に悪いため、あちこちに大きな水溜りが。それが車のライトで反射し、本当にどこを走っているのか、よくわからない。水溜りを通る度に異常な水しぶきを上げたり、かぶったり。仕方がないので、前の車についていくだけだ。はっきり言って本当に怖い。アメリカは車社会のはずだが、こんなに道路環境が劣悪でいいのだろうか。事故数を減らすのなら、まずインフラから、と声を大きくして言いたい。

歩行者がほとんどいない町なので、大きな水溜りがあり、車が水しぶきをあげても、そんなに困る人もいないのかもしれない。そしてショッピングセンターや十字路は、道にわざとくぼみがある。これはスピード防止と思われる。ショッピングセンターやスーパーへ入るには、まず大きな凹みを通らなければならない。しかし、雨の日にはここは大きな水溜りとなる。十字路やメインストリートにある大きな凹みは本当にどうにかしていただきたい。一度大雨のときにそこを通過しなければならず(恐らく50cmほどは水が溜まっていた)車の電気系統が異常反応したことがある。

この馬鹿でかい水溜りも、自転車の泥除けがないのも、全ては雨のことを計算に入れていないからだろう。確かにSouthern Californiaは雨が少ないそうだ。私が知っている限り(もう少しでこの町で一年の全ての月を経験する)3月半ばから10月頃まで、雨は全く降らない。しかし1月で(今年は90%の確立で毎日雨だ。しかも大雨)こんなに雨が降り、そして確か去年2月から3月も雨の日は多かった。いくら年間降水量が少ないにしても、雨が降る時期があるのなら、少しは雨対策も考えてもいいのではないだろうか。私が一番お願いしたいのは、白線を塗り替えてほしい。消えかかっているところが異常に多い。そして光ってほしい。

そうそう、お父様。娘は無事です。この大雨のニュース、日本でもやっていたらしく、父から無事かぁ?というメールが届いていた。

あー雨の夜、ここの運転は本当にイヤだ。前にも書いたが、私の目は世間の一般の人より遥かにいい。その私が見えないのだ。皆が見えなくって事故を起こしても、全く不思議はない。シュワちゃん、どうにかしてください。それともこれは市ごとの問題か。

あわせて読みたい

  1. 楽しい日々。( Part III )

    2008年9月20日2:35

  2. K.Town。

    2009年7月11日9:22

  3. 3日目。

    2006年2月12日0:00

  4. 歩く。

    2005年5月1日0:00

  5. 多言語空間に身を置くと。

    2010年4月16日14:20

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!