絶対話せる!英会話

夜食。

この記事は2分で読めます

さっき仕事から帰ってきて、お腹がすいたのでマメの缶詰を食べた。これはとてもおいしいのだ。乾燥したトルティーヤ(乾燥したのは本当は何て呼ぶのだろう?)をぱりぱり割って、これにつけて食べると絶品なのだ。ビールを一缶もう少しで飲み終わるのだが、今夜は全く酔わないのである。いつもは多少いい気分になるのに。

りんごの皮をむいてみた。始めから終わりまで一度も切らずに長ーくむいてみた。私って、どうでもいいこういうことは本当に得意だ。そう言えば桂むき(桂ってこういう字?)も昔練習したことがある。地味な作業が、私には本当に向いている。

まだお腹がすいていたので、冷凍とうもろこし(生のとうもろこしよりも安かったので先日初めて買ってみた)を電子レンジへ。どれくらい暖めればいいのかわからなかったので、じっと外から電子レンジの中を見つめていた。ふと電子レンジに書かれている「Inverter」の文字が目に入った。次の瞬間、知らず知らずのうちに「取り替えるならインバーター。ナショナルのインバーター。」と歌っていた。やだな、もう。金曜日の真夜中に台所でこんな歌を歌っているのは、世界広しと言えども、恐らく私だけだろう。確か歌っていたのは、岸辺シローだったと思う。文字を見ただけでこんな歌がすぐに出てくるなんて、音楽って強力だ。

岸辺シローと言えば、「西遊記」はおもしろかったなー。あのキャスティング、一体誰が考えたのだろう?あんなに見事なキャスティング、後にも先にも見たことない。もちろん主人公のマチャアキはもう彼しかいないというはまり役だったけれど、左とん平も西田敏行も藤村俊二も岸辺シローも、そして今はなき夏目雅子も見事にはまっていた。何年か前にケーブルTVで年末からお正月にかけて、一挙大放送をやっていたので、しっかりビデオに録画して全部見てしまった。日本のドラマにしては、長いドラマだったと思う。あー、今見たい。笑えるだろうな。

インバータの文字だけで、ここまで連想できてしまうなんて、すごい。ちょっといい気分になった。実は一昨日の夜から何となく前頭葉の辺りがむずがゆく、軽いめまいがしていたのだ。これは気づかない無意識下で、新しい環境へのストレスが引き起こした体調不良だと思う。こういう症状は恐らく5ヶ月ぶりくらい。何となく体調も良くなく、ここ数日気分もへこみがちだったのだが、一人で「インバーター」と歌を歌って、復活した。こんな歌を歌っているなんて、まだまだ元気だ、私。

さ、ビールは2缶目に突入。テキストを読まなければならないので、これで止めておこう。

さ、テキスト読むぞー。

あわせて読みたい

  1. 初めての出遅れ。

    2007年3月6日12:01

  2. Drop。

    2008年10月9日15:09

  3. 気分転換に。

    2007年12月6日6:53

  4. なかなか予定通りには…。

    2007年11月26日13:42

  5. 久しぶりの緊張と開放感。

    2012年2月19日10:32

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!