絶対話せる!英会話

願書提出。

この記事は1分で読めます

昨日無事に銀行からドル表示の残高証明書が届いていたので、今日は朝からネットで願書を作成。そして両方を近所のFEDEXへ持って行った。(近所に営業所があって助かったー。都心を離れるとFEDEXは極端に少ない。)月曜日には着くそうだが、それにしても高い!あと数十円で4,000円である。基本料金は3,500円だが、それにガソリン代もその月のレートと荷物の種類に応じて、負担することになったらしい。営業所の方曰く、「最近のハリケーンの影響もあり…。」とのこと。

私は一学期休んだだけなので、全部ファイルもあるので、もう一度願書と残高証明書を提出するだけでいい、と言われているので、これで手続きは終わりなはずである。

そういえばTOEFLのスコアって2年間しか有効でなかったような…。もしグリーンカードの件が面接まで辿りつけなかった場合、そしてトランスファーするとき、私は外国人学生としてまたTOEFLを受けなくてはいけないのだろうか?
恐らくそうだろうな。友人も5年アメリカで働いているが、ビジネススクールに入学する際に提出を求められたと言っていた。

どう転ぶか分からないから、もう一度受けておこうかなー、なんて願書を提出した後に少し考えた。

あわせて読みたい

  1. 大学の説明会に参加。

    2006年10月13日0:00

  2. Essay。

    2007年2月14日0:00

  3. そろそろ準備しないと。

    2006年10月2日0:00

  4. 今日は思いっきり。

    2007年2月2日0:00

  5. やっと全部揃った。

    2005年12月5日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!