絶対話せる!英会話

UCへの道はまだまだ続く。

この記事は2分で読めます

さて来週はファイナルが2つあるものの、2週間後(正確には11日後)に提出のUCエッセイ下調べもしないといけない。なので今日は朝からずっと調べもの&友人から借りたStrategic Marketingの本の拾い読み。

課題は近頃不振のOld Navyのケーススタディ。TargetやWal-Martが安い値で似たような商品を提供し始めたため、Old Navyは顧客を失いつつある。近頃New CEOに変わったが、そのマネジメントチームに、売り上げ改善・集客に関してどのような提案をするか、というもの。

しかしねぇ、実は私Old Navyなんてほとんど知らないのだ。一度店に行ってバスローブを買ってきたことがある。Victoria\’s Secretのバスローブよりは安かったな、ということくらいしか印象もない。どうやってエッセイを書いていいのやら…。

とりあえず昨日仕事のとき、回りの友人(ウェイトレス仲間)に聞いてみた。

1.フィリピン人移民ティーンエイジャーの意見。(おしゃれな彼女)
「買いたいものはないなー。だって私の好みじゃないんだもん。甥っ子の洋服をよく買いに行くけれど、自分の買い物はしない。」「甥っ子っていくつ?」「1歳。」(1歳って自分で洋服選ぶ歳ではないですね…。)

2.メキシカンアメリカンティーンエイジャーの意見。(私好みの美人の彼女)
「Just OK clothes. That\’s all.」(そうですか…。)

3.コリアン移民23歳。(割とコジャレた彼。)
「いけてない。」

若者に聞いたせいか、好意的な意見はなかった。3人とも一般的なアメリカの若者より、着る物のセンスはいい。ということは、こういう彼らからはいけていない、特に買いたいと思うものがないブランドと見られているのか。ま、3人だけの意見だけでは分析もできない。

しかし実は私の個人的な意見も割と彼らに近いものがある。(1回しか行ったことがないのだが。)どうしても欲しいと特に思わせる服はなかった。一般的なアメリカのノーブランド洋服の値段と変わらない。しかもノーブランドの服の方がかわいかったりする。ちなみにフィリピン人の彼女とは、あそこの洋服はかわいいよね、と別の店の話で盛り上がったので、やはり私にとっても特にわざわざまた行きたい店ではないらしい。カジュアルなベーシックものとしてはいいかもしれないが、アメリカにいると、もっと安い代替品はいくらでも手に入る。

Old Navyは「家族全員が対象」らしい。ユニクロみたいだ。確かに子供服は安い。アメリカ人は全体的にお洒落ではない印象を受けるが(私が知っている限りのアメリカで)、若いママはもっと違う服を着たいのではないかな、というのが私の感想。もう一度お店に行って、気になるところを見て来るか。

さて、マーケティングの本はMBA用。しかしとても分かりやすくいろいろなことが説明してある。残念なのは、アパレル業界の例が見つけられないこと。アパレル業界って、私にとっては全く未知の世界。GAPが名づけたと言うSAPだって、今日初めて知った。(←無知すぎ?)アパレル業界は他の業界よりもlife cycleが短いらしい。そう言われてみれば、そうよね、と納得。

いろいろと記事を集め、パラパラと読み、マーケティングの付け焼刃的な知識を仕入れてはいるものの、まだ始めたばかり。何からどう手をつけていいか、情報量が多すぎて、消化不良。たった500字のエッセイに仕上げないといけないのだ。Undergraduate Levelのトランスファーのためのエッセイで、しかもメジャーに入る前のアプリケーション選考エッセイ。どの程度まで答えを求めているのか、それが分からない。
どなたか参考になるご意見をお持ちでしたら、情報をシェアしていただけないでしょうか。

少し頭が飽和状態になってきてしまったので、エッセイの下調べはひとまずここで止めて、数学の宿題に取り掛かることにしよう。

あわせて読みたい

  1. とても親切。

    2007年1月26日0:00

  2. UCへの道。

    2007年1月17日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!