絶対話せる!英会話

少しずつ渡米準備。

この記事は2分で読めます

年の瀬が迫ってくると何もなくても、ちょっと焦ってしまう。まして今回は、気が付いたらあと3週間で渡米である。私の住むところは一体…、どうなるのだろう?と思いながらも、少しずつ必要なものを買い揃え中。

今度で3回目の渡米であり、生活用品もほとんど揃っているので、生活を始めるのに足りないのは、調味料くらいだろうか。ただ私が住んでいた(そしてこれから住む)辺りで見当たらなかったものは、日本から持って行こうと思っている。それは人から見ると、とてもつまらないものかもしれないが、私が常々「あったら便利だろうなー」と思っていた物たちなのである。

1.低周波治療器(私は腱鞘炎によくなる。そして勉強時間が増えると腰痛にもなる。壊れてしまったので再購入。)
2.ゴマすり器(100均で既に購入済み。毎日擂りゴマを食べる私には欠かせない。)
3.毛玉取り器(すでに購入済み。購入後、実は100均でも売っていたことを知った…。ガーン。)
4.静電気除去キーホルダー(CAは乾燥しているから、夏でも必要。)
5.一人用のホットカーペット(60cmx60cmを既に購入済み。暖房費節約のため。)
6.かかとのやすり
7.いろいろな色の糸(洋服の手直しやほつれを直したかったときに、近所で売っていなくて糸を探し回ったことがある。)

あと購入しようかどうか考えているのは、
(1)ハンディミシン(ジーンズやパンツを買っても、裾上げなんてしてくれないし。)
(2)青海苔(去年近所のアジアンマーケットでも見つけられなかった。ま、日本スーパーへ行けば売っているのだが。)

「そんなモノ必要?」と言われそうなモノもあるが、私が実際にアメリカで生活してみて欲しいな、必要だな、と思ったアイテムばかりなのだ。とにかくアメリカで見つける安い小物は、私の趣味に合わないのだ。いかんせんでかすぎる。洗練されておらず、使い勝手が悪い。例えば文房具。ホッチキスを使うのには、ちょっと力が必要(かよわいんです、私。^^)。消しゴムはとにかく消えない(消していると言うより伸ばしているだけ)。ノートは紙の質が悪く、書きにくい。おまけにインクはすぐに落ち、夏だと手に青い線が入る。とにかく見事なほど使うたびに不満が残る品々ばかりなので、私は付箋以外、日本から持参した文房具を使っている。

今回はほとんど物が揃っているので、特にこれ以上必要な物はないと思う。これらが全部揃えば、恐らくアメリカ生活がかなり快適になるはずだ。何せイライラすることの多い国なので、少しでも心の平安を保つためにあらかじめ準備しておくことが大切だ。

あわせて読みたい

  1. それでも書類、面倒。

    2005年11月19日0:00

  2. 願書を出さねば。

    2005年10月4日0:00

  3. Essay。

    2007年2月14日0:00

  4. あら、早い。

    2005年12月10日0:00

  5. Financial Aid。

    2007年4月2日1:27

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!