絶対話せる!英会話

合格通知。

この記事は1分で読めます

本当はブログを書いている場合ではないのだが…。

今ふとメールチェックをしたところ、UCLAからメールが届いていた。「Admission decisions are now available on our decision site」と連絡が来たのだ。なのでUCLAのウェブサイトをのぞいて見たところ、Congratulations!と書かれていた。「えっ?どうして?何かの間違いじゃ…。」

私は実はUCへは2つ願書を出していた。UCLAの希望する学部のPrerequisiteを1科目取り損なっているので合格するわけはないと最初から思っていたし、ここへの願書は出していないものと自分の気持ちの中では諦めていたのだ。本当はその取りそこなった科目を今学期に取る予定だったのだが、急遽もう一つのUCのPrerequisiteで英語文学の授業をもう一科目取らないことが判明したため、UCLAは諦めたのである。11月のUCへの願書提出時点ではまだどの科目を取るべきか悩んでいたため、一応願書を出しておいたにすぎなかったのだ。その後志望校3校のPrerequisitesをどういう順序で取るか、どの学校が第一志望かを考え、UCLAの必須科目は取らなかったのだ。UCLAへは成績だけは自信があったが、何せ必須科目が取れなかったので、合格は100%ムリだな、と思っていたのだ。

どうなんだろう?この必須科目1科目分って?間違って合格通知が届いたのだろうか?それともその必須科目の項目を見損なったとか…。アメリカだとそういう間違いは大いにありそうなので、よくわからない。それとも足りないのが1科目だったため、考慮されたということか?UCLAの資料を調べなおしたいのだが、今は明日の試験勉強をしないとならないため、明日の夜にでも確認して、その後直接UCLAへ連絡をしてみよう。

間違いかもしれないが、もし間違いでなかったら、とりあえず一校は行ける学校が確保できたってこと?とりあえず間違いでも何でも嬉しかったので、ブログにて報告。

さ、Calculusのテスト勉強しなきゃ。

あわせて読みたい

  1. どうにか、終了。

    2005年5月24日0:00

  2. 最近驚いたこと。

    2006年7月14日0:00

  3. 成績が「I」?

    2006年6月17日0:00

  4. So far, so good.

    2007年11月4日5:41

  5. やっと最後のグレード。

    2006年6月22日0:00

  6. どうにか、こうにか。

    2005年7月12日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!