絶対話せる!英会話

アメリカでの元旦。

この記事は2分で読めます

あけましておめでとうございます。朝起きてメールをチェックしたところ、友人の方々、両親からメールが届いていました。ありがとうございます。

さて、昨日は労働の後、今度ルームメイトになる人と会い、年越し蕎麦を食べた。日本食が好きらしく、喜んでそばを食べていた。つい私が日本語で箸と言ってしまったところ、「Hashi?」と言っていたので、意味を教えた。「BridgeもHashiなんだよ。」と言ったところ、不思議そうだったが、ぶつぶつ言って覚えていた。今朝も新しいルームメイトさんと会い、大きな荷物を運ぶのを手伝ってもらっていたところ、「chopsticksとbridgeがHashiなんだよね。」と確認していた。そんなにしっかり覚えるのなら、もっと役に立つ日本語を教えてあげればよかった。彼はとにかく日本と中国の文化が好きらしく、日本の歴史などもよく知っている。最近はチベット仏教に興味を持ち、本を読んでいるそうだ。

私は仏教自体にはそれほど興味があるわけではないが、実は仏像好きなのである。前に書いたかもしれないが西国33箇所巡りも一人で20数箇所回っている。なので、その説明をした。日本人だって知らない人がいるだろうに、アメリカ人に観音様巡りの説明をするなんて不思議だ。

何でそんなにアジアの文化が好きなの?と聞いたところ、「アメリカには文化がないから。ここは皆があちこちから集まった国で、それぞれの人がそれぞれらしく暮らしている。歴史もなければ、文化もない。皆がバラバラの価値観だけに基づいて行動しているから、衝突も起きる。日本や中国は文化に基づいたdisciplineがあり、それがまた国の文化を支えている。アジアの文化のPhilosophyやdisciplineは、すばらしいと思う。」と言われた。何だか自分の国をそうやって評価してもらえると嬉しいものである。最近は随分と文化も様変わりしているのは確かだが、外国へ出るとまだまだ日本文化や伝統は私たちの生活の根本だと感じる。彼が言ったことでそうかもしれないと思ったのは、「鎖国していたのは、いいことだ」ということ。「国境を閉鎖していたから、数百年もその国独特の文化が、他の文化に毒されることなく保てたんだよ。」と言われ、そう言われてみれば、そうかもしれないと思った。そんな発想は今までしたことなかった。そしてその後話をしていく中で、彼は鎖国や江戸時代のことまで知っているので驚いた。

そして彼の部屋には瞑想スペースがあるのだ。meditationにとても興味があるらしい。実は私もそうなのである。以前、近所の曹洞宗のお寺に座禅をしに行っていたことがある。ということで座禅と仏教の話で盛り上がっていたところ、年が明けた。除夜の鐘は聞いていないが、煩悩を全く切り捨てた年の明け方であった。

今朝、大きな荷物は既に運んでしまったし、あとは車で何回か往復すれば私の引越しも終わるだろう。しかし1月分までは家賃も払っているので、あと一ヶ月はまだこの部屋で暮らすつもりだ。そう言えば、クリスマスイブに壊したドアもしっかり直していただいた。あとは緑色のペンキを買ってきて、適当に色を塗ってごまかすだけである。

休みはあと一日。のんびりしよう。

あわせて読みたい

  1. 国境にて。

    2010年12月1日15:18

  2. いろいろゲット。

    2004年12月31日0:00

  3. 移民にやさしい国。

    2006年12月26日0:00

  4. Gender’s Studies?

    2008年1月17日12:52

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!