絶対話せる!英会話

今週のできごと。 (Part 1)

この記事は2分で読めます

パタパタした一週間だったが、明日からは4連休。月曜日がPresident’s Dayという旗日らしい。そして明日金曜日も私の学校はおまけで休み。

ここ3日間のできごとを書いてみる。長いので3回に分けて。

14日(火曜日)

朝のSpanishの授業後、クラスの再登録、教科書返却&購入、Financial Centerで用事を済ます。そしてLAへ向けて出発。日本領事館へ警察証明書の申請に行ったのだ。一人で、しかも自分の運転でLAに行くのは初めて。おまけにLAダウンタウンって、今まで2度しか行ったことがない。

ダウンタウンに入るまでは順調。途中渋滞はあったが、1時間半ほどで(平均時速110km)無事に着いた。しかーし入る道を一本間違った。ここからドツボにはまる。通り過ぎたことに気づき戻ろうとしたが、戻れない。なぜならダウンタウンは一方通行ばかり…。「どこに行くのー?私?」戻りたいが戻れない。途中冷静さを失いかけたが、道1本ごとに一方通行が逆向きになることが分かる。仕組みが分かれば簡単なのだが、それでも行きたい方向に曲がれないこの悔しさ。3車線あるのだから一通にする必要ないと思うのだが。
迷ったせいで午前中に領事館へはたどり着けなかった。

午後1時まで1時間ほど待ち、領事館の中へ入る。領事館とはいえ、単なるビルの中にあるオフィスにすぎない。それでもセキュリティチェックはある。「警察証明書の申請に来たのですが。」と告げたところ、「ここで指紋を取ってきてね。」と地図を渡される。「歩いて行く。」と言ったところ、「この道は安全だからここを通ってね。この場所からはバスがあるから。」と教えてもらう。しかし徒歩25分なら、バス代がもったいない。もちろん歩いた。確かに歩いている人はそれほどいないが、特に危ないというわけではない。店もところどころにあるし、“歩いていて快適ではない道”というだけのことだ。

指紋を取るというので、空港にあるような指紋読取機を使うのかと思ったら、とんでもない。指を真っ黒にして紙の上を転がすだけだった。「これくらいだったら、大使館でもできるんじゃ…。」私の指をコロンと一本ずつ転がしただけで、そのお店は15ドルも取る。これ、いい商売だな。問題は顧客がそれほどいないということだろうか。

その後ついでにリトルトーキョーを通り、マルカイでお買い物。きな粉、豆乳、かりんとうなどを購入し、領事館へ戻る。指紋を取った紙と申請書を一緒に提出。これにて申請は終わり。簡単だ。

3:40にLAを出たので帰宅ラッシュ渋滞に巻き込まれないと思ったのだが、ダウンタウンから20マイルはずっとアクセルとブレーキを順番に踏みっぱなし。これには理由がある。それはアメリカ人の運転が下手すぎるからだ。何でそんなにアクセルを踏む。そしてブレーキを踏む。「運転が極端なんだよー、お前たち!」と嘆きながら、帰宅した。渋滞がなければ1時間ほどの道のりなのだが、2時間以上かかった。一人での高速道路渋滞運転は神経がやられる。帰宅後はへろへろだった。教習所はやっぱり必要なのではないだろうか。

何はともあれ、とても疲労したLAへの小トリップだった。

あわせて読みたい

  1. 油が…。

    2004年11月10日0:00

  2. ここ数日。

    2006年2月3日0:00

  3. Dubai。

    2008年11月22日3:41

  4. クレジットカード。

    2006年10月30日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!