絶対話せる!英会話

アジアンマーケット

この記事は2分で読めます

気が付いたら、土曜日の夜である。木曜、金曜、土曜とテスト勉強に励む予定だったのだが、木曜はテキストを半日読んだ後、TVにはまり、金曜は20ページテキストを読んだ後頭痛のため昼寝、夜はパーティへ参加。そして今日はテキストを20ページほど読んだ後、アジアンマーケットへ買出し、6時間も外で遊び、先ほど帰ってきたのであった。予定していた勉強の半分ほどしか進んでいないのであった…。先週末から何だか頭痛と気だるさのせいで、勉強する気がせず(それでも少しずつテキストは読んでいたが)、何かと勉強から逃げていたのであった。掃除を始めてみたり、洗濯をしたり、買い物に行ったり…。なかなか一定のペースで勉強すると言うのは、思った以上に大変である。気分の乗るとき、乗らないときがあるものである。まだまだ本当にひたすら努力している人たちの足元にも及ばない。頑張っている人にぜひ意思の力とモチベーションを維持する秘訣を教えていただきたいものである。

さて、今日の買出しは楽しかった。初めて行った中国スーパーは日本の普通のスーパーのようだった。一つ違う点は水槽で金目鯛、蟹が売られていたことだろう。魚介類が豊富だ。それにしても食品類の並びを見ると、何だかほっとするものがある。例えそれらが日本の食品ではなくても、何となくだが日本の食べ物に近いものがある。つくづく「あー私ってアジア人だな。」と感じる。ついつい冷凍肉まんなどを衝動買いしてしまった。

その後は私がいつも行く韓国スーパーへ。ポッキーの韓国版「Pepero」は私のお気に入りお菓子である。アメリカのお菓子は私には甘すぎるため、甘いものが欲しいときはいつもアジアンマーケットで買う。日本のお菓子も売っているのだが、韓国のお菓子の方が安いので、いつも韓国製品を買う。ほとんど味は変わらない。この微妙な甘さのお菓子たち、絶対アメリカでは受けないだろう。アメリカ人の甘さの基準はクレイジーだ。

そしてここではすき焼き用肉とさつま揚げとゴボウを買った。これらはアメリカのスーパーでは手に入らないものだ。さつま揚げと納豆は、日本にいたときの私の常食だったので、近所ですぐに手に入らないのが少し不便だ。納豆は売っているのだが、一つ1.69ドルもする。60gほどの納豆に200円は出せないのである。あぁ、すごく納豆と梅干が食べたい。とても日本人だ。

そうそう帰りに中華を皆で食べた。私たちが一緒に行ったメキシコ人くん一人以外、お客は全員アジア人だった。彼らのほとんどは中国人、韓国人。ウェイトレスももちろん中国人。店の中は中華風、一瞬、私は今一体どこにいるんだろう?中国か?というような感じになった。アメリカは本当にいろいろな文化が混在している。今日私が行った辺りは、アジア人のための町である。スーパーの客ももちろんアジア人しかいない。でも私はなぜかほっとするのであった。きっと他のアジア人も同様だろう。いつも外国に来るたびに、私はやっぱり日本人、そしてアジア人と強く感じるのである。

さ、テキストの続きを読まなければならない。結局、いつもの如く、最後に焦ることになるのだ。しかし、まだほぼ4日ある。頑張ろう。

あわせて読みたい

  1. く、車が…。

    2007年10月25日11:45

  2. ボランティアと違って。

    2010年8月24日13:01

  3. LACMA。

    2007年9月5日17:57

  4. 先日高速で。

    2011年2月17日14:26

  5. どうなっているのだか。

    2009年5月12日15:48

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!