絶対話せる!英会話

今日から授業。

この記事は3分で読めます

さて、今日から授業。
その前にここ2,3日のできごとも書いてみる。

1.アパートのお湯が2日半出なかった。週末だったので水でシャワー。アメリカが先進国だなんて思ったら大間違いだ。ここはまだまだDeveloping countryなのだ。

2.カーテンを買った。(Walmartにて二つで8ドル。安いー。)これで昼間は外から見えなくなった。夜はブラインドを閉めてしまうから問題なし。

3.コンピュータが完全にいかれた。画面の上半分しか見えん。下半分は虹がかかったよう。Huh,素敵な模様だこと。とりあえず最近保存した文書はどうにかこうにか保存できた。しかし下半分が使えなかったので、エクスプローラは出せない、Shut Downもできない、隠れている部分(画面下半分)のプログラムは上手く使えないで大変だった。それでもどうにか文書は保存できたし、日本を去る直前に全部バックアップを取っておいたので、ファイル自体に問題はなし。

問題はPCがまったく使えなくなってしまったこと。友人曰く、ファンがとうとうダメになり、どうやらオーバーヒートをして他の部分に影響を及ぼしたのではないかとのこと。何にせよ、新しいPCを至急購入せねばならないようだ。今日から授業なのに…。この出費はかなり痛い。

さて、今日の学校の話。

朝6:40には学校に着いたというのに、なぜか教室には誰も来ない。何かがおかしいと思い扉の横の掲示板をよーく見たら、その授業自体がキャンセルされていた。
がーん。慌てて近所のオフィスへ走る。他にもSpanishのクラスが朝7時からあるのを知っていたので、そのクラスへ入れるかもしれないと思ったのだ。が、教室がどこだか知らない。授業パンフレットも持っていない。そして朝早いため、まだメインオフィスも開いていない。しかし、まだまだ走る。どうにかEnglish Departmentのオフィスが開いているのを発見し、そこに飛び込み、パンフレットで他の授業を探す。その教室へ向かう。ところが今度はその教室が変更されている。

どこだー?教室?アメリカのキャンパスは広いぞー。
教室が分からないながらも、人に聞きながらその教室へ走る。
階段だって一段抜かしっ。そして…。

思いきりこけた。痛いが、まだ走る。7:10頃になってしまったが、どうにかその授業へ合流。まだ登録はしていないが、明日この授業でスティッカー(つまりシール)をもらい登録できることになった。

ここでちょっと説明。このシールは教授が「このクラスに登録してもいいよ。」という印なのである。すでに授業登録期間は終了しているので、授業を変更する(Addする方)ためには教授の承認が必要なのだ。Dropするのは勝手にできるが、期間を過ぎた後、授業登録は勝手にできないことになっている。すっかり忘れていたが、授業が本当にあるかどうかは前もって確認が必要。こういう風に授業自体がキャンセルされていることがある。

突然はっとする。ひょっとして他にもキャンセルが…?Spanishの授業の後、今度は図書館へ向かう。ネットで他のクラスのキャンセル状況を調べるためだ。いやーな予感は的中。案の定、HUM-10(World Religions)もキャンセルされていた。どーして私が選んだクラスばかり…。

今度はどのクラスが開いているかチェックし直し、スケジュールを再設定。こっちを取れば、これがダメ、これを取れば、あっちがダメなどとしばらくPCの前で考え込む。そしてどうにか決めた。しかし、これが全部の教授に認められるかどうかはわからない。でもとりあえず教室に行かなければ。幸い、希望通りの授業に全部変更できた。しかしオンライン以外、全部取り直さねばならなかった。あんなにいろいろ考えて決めた授業スケジュールだったのに…。大声で言いたい。勝手にキャンセルするなー!

ということで今日は朝から焦った。そういうのがイヤだから、前もって全部きちんと用意しておいたのに。授業が変われば、教授も変わり、教科書も変わる。1冊返却して、3冊買ってこなければ。音楽の教科書は友人の友人が持っているらしい。後で電話をすることになった。Spanishは今学期から新しいエディションになるそうで、結局買わねばならなくなった。

ということで教室、図書館、そしてブックストアとあちこち走り回り、かえって来た頃にはへとへと。朝7時から2時まで授業3つ受けたので(もちろん途中に空き時間はあるが)、頭が痛い。ここ最近頭をほとんど使っていなかったせいだろうか。とにかく昨日までのあんなにのんびりしまくった日々からは一転した。

初日を終えてみてふと気がついたことがある。それは教授の話がほぼ問題がなく聞こえるということだ。半年以上英語はほとんど聞いていなかったにも関わらず。もちろん時々単語が分からないことや皆が笑っていてもおもしろくないことはあるけどそれは仕方がない。(しかしこれは言葉というより、文化の問題。)以前は英語を聞こうとしないと聞こえてこなかった。今日は特に意識しなくても何を言っているのかが分かった。これは私にしてみれば、すばらしい進歩だ。なので1年前よりもはるかに気持ちがラクだ。そして授業が何だか急に簡単に思えてきた。(単純すぎ)

しかーし、まだ問題はある。教授の言うことは分かるが、クラスメートの言うことは半分くらいしか分からん。遠くのほうで聞こえないということもあるが、ぼそぼそと話されると何を言っているか本当に分からない。一山超えたが、また一山というところか。それでも授業を受けるのが苦しくないって心底嬉しいわー。

さ、明日もSpanishは授業。結局月曜日から金曜日まで毎朝のクラス
(7:00~8:10a.m.)になってしまった。

月、水は7時から2時まで授業が3つずつ。
火、木は朝のSpanishのみ。
金はSpanishとWorld Religions。
それとオンラインでSociology。
これがようやく最終的に決まった私の授業である。

さて買ってきたSpanishの教科書でも読むか。早速宿題が出たのである。
授業の報告はまた後日に。

あわせて読みたい

  1. Tutorさん、ありがとう。

    2005年3月2日0:00

  2. ファイナル終了!

    2008年6月13日7:40

  3. 焦り。

    2009年7月2日1:20

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!