絶対話せる!英会話

ごめんね、キッズ。

この記事は1分で読めます

日本にない習慣。サマータイム。日曜日に時間が1時間遅くなった。急に同じ時刻の夕方が暗くなった。

日本にないイベント、それはハロウィン。今日は10月31日。すっかり忘れていた。というか、気にかけたことがなかった。

晩御飯を作っていたところ、ドンドンドンと戸を叩く音が。「あれー?誰か鍵を持って出かけるの忘れたのかな?」なんて思い、戸を開けてみたら、小さな天使と骸骨がいた。

「きゃー、ハロウィンだった。」と焦るものの、何もない我が家。日本人2人、中国人2人のアジア人学生だけの家で、そんな準備はしていないよー、と思ったものの、小さなかわいい金髪天使がニコニコしている。冷蔵庫に1つだけキャンディがあったことを思い出し、彼女にあげた。しかし1個しかなかったため、他の3人には「ごめんね。」と謝るしかなかった。

その後も私が知る限り6グループはやってきた。しかしっ、誰も何も用意していないこの家。電気は付いているが、居留守を使うしかなかった。

この時期にアメリカで過ごすのは2回目だが、前のハロウィンのときはアパートに住んでいたため、誰もやって来なかった。今住んでいるところは新築(そしてちょっとばかり)高級住宅エリア。それは子供たちだってやって来るはずだ。しかしここに生粋のアメリカ人はどれくらいいるのだろう。周りを見回すと、投資のために家を買ったアジア人が多いように思われる。そのため、住んでいるのは私の家のように学生だけ、ということも。この環境の中で、子供たちがどれくらいキャンディを集められたかは分からない。

いやー、本当に子供たち、わさわさとやってくるのね、と異国の文化に触れた気分。それにしても、ごめんね、キッズ。来年は用意しておくからね。でも来年は一軒家に住んでいないはずだから、その心配はないか。

あわせて読みたい

  1. よく分からない。

    2009年5月23日3:00

  2. Go San Francisco Card。

    2006年12月24日0:00

  3. 具合が悪い…。

    2005年4月23日0:00

  4. 熱帯夜。

    2009年4月21日15:12

  5. > ピンクパンサーさんへ

    2005年3月16日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!