絶対話せる!英会話

ディスカッション

この記事は2分で読めます

今、経済の授業から帰ってきたところ。うーん、疲れた。

今日はグループごとに選んだテーマでディスカッションだった。私たちのグループのトピックは、「ダウンサイジングの経験から企業と従業員は何を学ぶべきか」というもの。各自それぞれ3ページずつのノートを、授業の前に用意しなければならなかった。もちろんやっていったけれど、皆もしっかり準備していて、「うーん、負けちゃいけない」と感じた。へたくそな英語だったけれど、自分の考えを伝えることには成功したと思う。皆しっかり聞いてくれてありがと。でももっとスピーキング力が必要だな。クラスメートの英語の速さについていけないことも多々あるけれど、少しずつ自分の主張をして、自分の居場所(クラスの中で)作っていかなきゃね。いつまでも外国人気分でいてはいけないのだ。

教授がとなりのドイツ人のノートをほめていたので、聞いていたら、「自分の考えと理論(マルクスとかね)を重ね合わせ、結論を導き出しているのは、いいアイディアだ」と言っていた。ふーん、理論から結論を導き出すか…。そんなこと考えたことなかったなぁ。だって理論はあくまで理論で、私は私の考えを述べればいいと思っていたから。理論なんてあくまで机上論だと思っていたんだけれど、まぁ時代を越えて受け継がれているものは、それはそれでその中のどこかに真理があるからというのも確かよね。

今日は学校と家を3往復。朝7:30に学校へ行き、帰宅は10:00か。でもアメリカの大学生はよく勉強するなー。一見コギャルみたいな感じの子でも、しっかり宿題はやってくるし(当たり前か)。
私も頑張らないとな。

さっき帰宅したら、家に男の人がいた。ルームメイトのボーイフレンド候補といったところ。今朝もわざわざルームメイトに「You’re beautiful.」と言うためだけに、やってきた。外人は本当にこういうことまめよね。私がドアを開けたんだけれど、最初アパートのメンテナンスの人かと思ってしまった。ちょっとおじさんっぽいけれど、でかいバイクに乗っているのである。私の想像する一般のバイク乗りからはかなりかけ離れているなー。でも会社を自分で経営していて、家も何個か持っているらしい。うふふ、でも新しい恋の始まりを見るのは、何となくほほえましい。

さ、That70’s show が始まったから、ビールでも飲みながら見ようっと。一日2時間のTVをノルマにしているのである。余裕があったら、もう少し観た方がいいとは思うのだけれど、ちょっと予習と宿題に追われて今のところそんな時間はないなー。でも長い目で見ると、周りの人の言っていることを100%理解するのが一番早道だし、自分自身もフラストレーションが溜まらなくなると思っているので、毎日TVを見ることにしているの。友達のメキシコ人が毎日6時間観たら、英語が100%わかる様になったというので。人の成功談はとりあえず参考にしてみるべきよね。

さ、TV、観ようっと。

あわせて読みたい

  1. International Student Club

    2004年10月27日0:00

  2. なかなか予定通りには…。

    2007年11月26日13:42

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!