絶対話せる!英会話

Writing Center。>talaさんへ。

この記事は3分で読めます

今朝はやっと目覚ましを使わずに起きることができた。寝たのは1時頃だったが、6時少し前に目がぱちっと覚めた。そして今日は体調がとても良かった。きちんと飲み始めた薬が効いてきたのが、それとも別の理由からかわからないが、久しぶりに快適に一日を終えることができた。

今日は6:50a.m.からのWriting CenterのWorkshopへ参加。今日のテーマはcommaである。commaの使い方に関しては特に問題はないと思うのだが、時々「あれ?」と分からなくなることもある。それに知っているけれど実際に自分ではこういう書き方をしないなと思う使い方もある。例えば、Parenthetical expression。
A major drought, sad to say, reduced wheat crops drastically.
Her problem, I believe, is her fear of failure.
自分の意見を言うときはこのようにするのがいいらしい。私が英文を書くときは、文章の間にこういう挿入句を入れることはあまりない。何となく文章がさえぎられてしまうような気がするので、挿入句を入れるのは、何となくためらわれた。しかしこちらの方が自然と言われるのなら、今度からはこのように自分の意見を書くようにしよう。

commaで少しわからないのは、
"I remember," he said, " …." とこの場合はcommaが"…."の前に入るのに(これは分かる)、He warned me "…." の場合は"…." の前にはcommaが入らないことだ。質問をしたかったのだが、インストラクターがものすごいスピードで説明しまくっていたので、質問し損なってしまった。どなたかお分かりになる方、すっきりとわかるように教えていただけないでしょうか?

英語のクラスはWriting centerのWorkshop3回参加とTutorial session3回受講とWriting centerで18時間を過ごすことを学生に義務付けている。Tutorial Sessionでは自分の勉強したいことは何でも持ち込んで教えてもらえるのだ。先学期は1回参加を義務でこなしただけだったが、今学期はエッセイのFinalを提出する前に文法と言い回しと言葉の選択について教えてもらっている。一緒にエッセイを手直しすることは禁止されている。なので、私はいつも冠詞(一番私の苦手なこと)とWord choice(どちらが自然な言い回しなのか)について教えてもらっている。30分しかないので、エッセイの半分ほどしかできないが、それでも分からないことは徹底的に教えてくれるので大分助かっている。こういう風に30分間、自分の文章の手直しにしっかり付き合ってくれる(説明しながら、コレクションしてくれる)Tutorがいるということは、とても有難い。自分で書いた文章だから直されると「あー、なるほど」と実感して正しい表現をすぐに会得することができるのだ。確か週に3回までは利用できるはずだ。もっと頻繁に参加した方がいいかもしれない。

さて、一方Workshopの方はテーマも時間も決められていて、出たいものにただ出席すればいい。テーマはいろいろ。[Research papers], [A working vocabulary], [Verb tenses], [Works cited list], [Pronoun Agreement], [Sentence Fundamentals], [Apostrophes], [MLA/Works cited], [Thesis for research papers], [Pronouns], [Using conjunctions], [Advanced proofreading], [Run-Ons], [Paragraph development], [Introductions], そして私が今日参加した[Commas]。実は今までこういうテーマごとに英語をきちんと勉強したことがない。英文は何となく適当に書けるようになって、知っている知識の中であいまいなまま書いていた。なので、本当はこちらももっと参加したいところ。しかしほとんどのWorkshopの時間帯がランチタイムと夜なので、私はちょっと都合が悪くなかなか参加できないのだ。しかし、Works CitedについてのWorkshopもあることだし、もっと参加するようにしよう。何せ何回出てもただなのである。日本でちょっとのことを教わるのに数千円取られることを考えたら、利用しない手はない。おまけに結構中身は濃い。

さ、寝よう。今日は何となく健康体に近づいたような気がする。

あわせて読みたい

  1. 間違いであってほしい。

    2008年10月7日9:06

  2. Bマイナス!?

    2008年5月23日13:39

  3. 英作文。

    2004年11月3日0:00

  4. お疲れさま。

    2007年6月13日15:48

  5. オリエンテーション。

    2007年7月24日13:05

  6. テキスト届いた…。

    2005年8月22日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!