絶対話せる!英会話

テキスト届いた…。

この記事は2分で読めます

今日家へ帰ってきたら、テキストが届いていた。パラパラとめくってみたところ、それほど難しそうな単語はなさそうだ。しかし、簡単な単語でも意味が分からないことはよくあるので、騙されてはならない。

今日は仕事の後、八重洲ブックセンターへ行って来た。「沈黙の春」を買いに行ったのである。決して今読んでいるオリジナル「Silent Spring」を読むのに楽をしようと思ったわけではない。両方を比較してみたくなったのである。何だかすっきりしない英語の文章はどのように翻訳されているのか読んでみて、しっかりと意味を理解し、分からない部分は何だったのか分析しようと思ったのである。私ははっきり言って、分かったような分からないような文章がかなりある。英語の文章を読む力が根本的にないのではないかと思うこともしばしばである。なのでこの際、意味を間違えずにしっかり捉える訓練をしてみた方がいいと考えた。そして今読んでいる、簡単過ぎもせず、難しすぎもしないこの本は、英語の文章をきちんと読む(文法的にもすっきりと正しく)練習に丁度よいのではないか、と思ったのだ。

大学入学以来、いつもテキストをさっさと読むクセばかりついてしまっている。その上読んだ後、意味が「?」となることもよくあった。英語を文法的に正しく読んでも、意味が分からないときもあるし(それは英語力の問題ではない)、英語をまるっきり勘違いしていることもあるし(これは英語力とそそっかしさの問題)、時には両方だったり。日本語だったら、それほど意味が分からない文章はないのだから、英語を読む力の方がはるかに劣っているのは明らかだ。しかも、日本語の文は英語より30倍は早く読める。(昔速読教室へ行ったので、日本語は少し早い。)問題なのは、30倍かけて英語を読んだにも関わらず、理解力は日本語よりずーっと劣るということである。

このままいい加減な読書を続けていると、一向に文章を理解できる力がつかないのではないか、と不安にもなった。適当に読んでいても、意味はなんとなく分かる。(そう言えば英語の会話も同様。)しかし、全文章を完璧に理解しているかというと、そういうわけではない。

これから先まだまだ長い大学生活、せめて一般的なアメリカ人程度に読書できる能力を身に付けておかないと、かなりまずいような気がしてきた。(アメリカ人は多様すぎて、一般的なレベルというのは特定しづらいが。)この先難しい文章を読まなくてはならなくなったときに、全く歯が立たないというのでは困る。

先日会社の人(英語が分からない人)に専門的な記事を訳しながら、内容を説明した。肝心の私は説明しながらも全く意味は分かっていない。(かなり特殊な記事だったので、ただ文章を訳しただけ。)が、説明を聞いた人は分かったと言っていた。(その人はその分野のスペシャリスト。)ま、これは英語力の問題というより、その特殊分野における私の素人さ故だが、ふと脳裏を過ぎったのは、ひょっとして私の英語を理解する力も実はこの程度で、本当は何も分かっていないのではないかと心配になった。

そして、どんなに難解な文章がきても、絶対に読み間違ったりしない確かな力をつけたいと思った。それで今日の買い物になったのである。帰りの電車の中、2冊の本を両手に持ち、読み比べ。一度英語を読んで「?」となった文は、日本語を読んでみる。日本語はかなり意訳だが、英語を理解する手助けになる。そしてもう一度英文を読んでみる、するとしっかり意味が分かる。(決して日本語に引っ張られずに。)急に英文のつながりが分かり、文法的にも完全にすっきりする。これいいかもしれない。

ある程度文法知識が身について、英語を読めるようになってくると(新聞を読める程度)、その後は読み方や文法について深く考えたことがなかった。全部「何となく」の理解だったのである。これはそろそろ卒業しよう。時間はかなりかかりそうだが、しばらくこの2冊の平行読み、続けていくことにする。英語も日本語と全く同じように読める日が来ることを信じて…。

しかし、私は本当にこんな英語力でいいのだろうか?社内的とは言え、私の仕事の60%ほどは翻訳なのである。絶対マズイだろうー。

よく考えれば、英語を勉強しながら、お金がいただけるとはありがたい仕事である。頑張らねば。仕事が自分の勉強にもなるのだから。

さ、寝る前にテキストがどれくらい難しいか、少し読んでみよう。

あわせて読みたい

  1. ALPHA GAMMA SIGMA。

    2006年8月31日0:00

  2. なかなか予定通りには…。

    2007年11月26日13:42

  3. 95点!

    2004年11月12日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!