絶対話せる!英会話

忙しくなりそうな予感。

この記事は1分で読めます

今日は3科目めの授業があった。このクラスは元々セミナーのようなクラスらしく、クラスメートも30人もいない。教授からは、「今回はUndergraduateの生徒ばかりだけれども、Graduate学生と同じような感覚で接していくし、採点もしていくから、そのつもりでいるように。」という言葉があった。

結構大変そうなクラスである。20%が出席とクラス参加。30%がペーパー。(一つの国と健康問題を選び、ペーパーを書く。)そしてファイナル試験が50%でグレードが決まるらしい。何となく、リーディングも多そうだし、期待されている基準も高そうだ。気合を入れないといけなさそう。

既に受けたもう2科目は、ここにも書いたが、とても私のツボにはまるクラスだ。しかし覚えなければならないことが山積み。そして知らないことばかり。こちらも一応100番台のクラスではあるものの、Public HealthのGraduate学生用の授業でもあるため、それなりに勉強をしていかないとならないようだ。1科目はリーディングも多いし、もう1科目は細かい宿題が何度かある。

まだ全ての授業に出てはいないのだが、何となく今回は少し不安もある。それは明日初めての授業、私のメジャーのセミナークラスが1科目で7冊も読まされるからだ。私は春学期でもリーディングであっぷあっぷしていたが(あのときは本10冊+プリントアウトした記事がバインダー1冊分)、今回はそれ以上となりそうだ。何せテキストだけで10冊 ( しかもそのうち2冊は電話帳のようにぶ厚い)、コースリーダーが2冊、その他外部記事が毎週40ページくらいあるのだ。これを10週間でこなす…。春学期より遥かにリーディングが多い。大丈夫か、私?

しかし成績も下げたくないし、楽しそうな授業ばかりでもあるし、そして何より来年の夏に卒業するためにも、絶対に授業はドロップしない。となると答えは簡単。要領よく勉強するしかない、ということだ。

ということでネットで遊んでいる時間をまず減らさないと。さ、今学期は気合を入れていくぞ。

あわせて読みたい

  1. どうにかペーパー提出。

    2008年3月19日5:51

  2. 黙々と勉強中。

    2006年10月10日0:00

  3. 授業が始まった。

    2007年9月29日12:44

  4. 体力の必要性。

    2007年11月17日3:04

  5. Tutorさん、ありがとう。

    2005年3月2日0:00

  6. 教授へ国際電話。

    2005年7月3日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!