絶対話せる!英会話

今学期もあと少し。

この記事は2分で読めます

今日、Take-home Examが返却された。結果は88点。成績は66点から97点まで広がっているらしい。平均は85点とのこと。採点の中で、グラマー、文章力のようは項目があった。私はこの部分は10点中、8点。これははっきり言って、とても悔しい。他のところでももちろん点は引かれているのだが、この失った2点は、私がネイティブなら絶対に失っていなかっただろうと思われるだけに残念だ。なぜならこういう提出物は、時間があるのなら通常は何度も見直しをする私。(校正というべきか、推敲というべきか。)日本語なら絶対に失っていなかったと思われる。

ちなみにこの科目のIn-class Midtermは89点だった。平均は84点。平均よりちょっといいだけの点数なんて(大抵他の科目でも同じ傾向がある。)私は本当にそれほど賢くないのだな、といつも感じてしまう。今学期は時間が足りなくて、それぞれの科目にあまり時間をかけることができていないのは確かなのだが、同じくらいの勉強時間でももっといい成績を取る人はいるだろう。私は要領もかなり悪い。そしてそれを分かってはいるのだが、直せない。長年かけて染み付いてしまった性質はなかなか抜け出すのが難しい。

ふぅー。この科目はファイナルが40%の成績を占める。そして最終的にカーブとなるらしい。そうすると平均よりちょっといいだけの私の点数なんて、最後には一体どれくらいの成績になってしまうのだろう?いい成績だけを取ることだけを目的に勉強をしているわけではないが、大学院に行くことを考えると、GPAはかなり気になる。大学院は学校のレベルは考慮してくれるのだろうか?

ま、過ぎたことは仕方がないのだが、何だかいつも中途半端な成績が多い私。今学期、リーディングが多い3クラス+テストが難しい1クラスの同時進行を経験して、今のところ今ひとつな出来の成績。第二言語だからという言い訳もいつまでも通用しない。(とは言え、日本語と英語の理解力の差は未だにかなり大きいのも確かだが。時々教授の言っていることが分からないこともあれば、テキストを読んでもちっとも理解できないこともある。そして英語だと私は頭に残りにくいというのが、実は一番困っていることでもあるが。)私は本当にそれほど賢くもなく、学ぶということに対してとても要領が悪いということを、今学期はつくづく思い知らされている。(いや、前から知ってはいたはいたのだが。)

なので今後どうやって授業、仕事、私生活を充実させていくか(何か課外活動がしたいので)、今学期が終わったら、少しじっくりと考えたいと思う。このままでは全てが中途半端で自分では全く満足ができないし、しかもひたすら毎日追われているだけで、勉強も私生活もちっとも楽しくなくなってきた。

しかし今はWeek9。来週はテストが1つとファイナルが1つ。ここまで来たら、できる範囲であがくしかない。考えるのはその後だ。

あわせて読みたい

  1. 先が見えた。

    2006年12月15日0:00

  2. 叫びたい。

    2007年6月4日16:04

  3. Latin Honors。

    2008年4月22日14:27

  4. 自主休講。

    2008年10月3日4:31

  5. Workshop。

    2007年10月19日13:31

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!