絶対話せる!英会話

番組の趣旨の認識不足? >Susieさんへ

この記事は1分で読めます

Susieさんからコメントをいただいた。『昨日のラジオは「日本における映画の立場」ということがメインであって、"Hotel Rwanda"は日本で公開される映画の選択基準を紹介するための例』だったと教えていただいた。私は実際のそのラジオ番組ではなく、その映画に関する部分だけを聞いたので、そして普段その番組がアメリカのことを紹介している番組とは全く知らなかったので、何で映画紹介なのに、こんなことを話し合うのだろうと思って聞いていた。つまり映画のことだけ話せばいいじゃん、と思っていたわけである。

日本で公開される映画の選択基準としての一例だったなら、ラジオの話の内容も何となく分かる。映画としての良さなどを話す必要はないわけだ。その映画評論家の人も映画について大いに語らなくてもよかったわけだ。

しかし、サラリーマンとしての部分がクローズアップされて話が終わってしまったのは、やはり不完全燃焼な映画紹介の仕方である。ホテルマンとして取り上げてもいいが、彼がどのように変わっていったかという人間性の部分についても、もう少し語って欲しかった。一言でサラリーマンの鏡ですね、で締めくくられるようなそんな軽い話ではないと思うのだ。やはり映画評論家の話は今ひとつ的がずれていたような気がする。

あわせて読みたい

  1. ストライキ。

    2007年11月11日9:30

  2. アメリカ土産って…?

    2005年6月12日0:00

  3. 生産性のない日々。

    2006年2月8日0:00

  4. 暑い。

    2009年1月13日15:30

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!