絶対話せる!英会話

肉体疲労。

この記事は1分で読めます

二日間の仕事の疲れからか、昨日、今日と朝はなかなか起きれなかった。普段は寝起きのいい私であるが、こんなに布団の中で“起きなきゃ。でもまだ寝ていたい。”を繰り返したのは久しぶりである。前のレストランを辞めてから1ヶ月余り。旅行などで歩き回っていたため体力が落ちたとは思わなかったのだが、ウェイトレスとしての体力は落ちていたらしい。旅行で気分よく歩き回るのと、仕事中の労働で使う筋肉は違うらしい。2日目の朝は既に筋肉痛だった。

8時間の肉体労働はやはり疲れる。そして初めてなので全てが分からないことばかり。慣れるまでは気疲れも重なるだろう。お店は最近は暇だと言うが、それでも夜であっても8割ほどのテーブルはいつもふさがっている状態。昼間も適当に忙しい。

このレストランのいいところは、あまりお客さんの要求を鵜呑みにしないこと。(←これは本当にウェイトレスとキッチンスタッフを助けてくれるのだ。)できないことはできない、とはっきり言うのがお店の方針らしいので、前のレストランで働いていたときのようにわがまま言いたい放題のお客の対応に追われる気苦労はしなくて済みそうだ。しかしサーバー全員が日本人なので、とても細かいルールがあったりもする。恐らくこういったルールは日本人でないとやっていけないだろう。そして日本人同士ならではの上下関係の気配りが何となく無言で要求されているような印象も受ける。

が、今のところ特に問題はないと思われる。早くTipをもらうために、トレーニングを終えてメニューを覚えないといけないことくらいか。しかしここのお店はメインはお寿司なので、複雑なAppetizerがそれほどないのがありがたい。そして何よりもしっかりと賄いが出るのも嬉しい。昨日の昼はさんま一匹、夜は鮭の塩焼きだった。こういうものは家では用意できないので、本当に嬉しい。

今日はお休みだったので、1日のんびりと過ごした。さ、明日からまた昼&夜と通しで仕事。頑張ろう。

あわせて読みたい

  1. 新しい家。

    2006年8月20日0:00

  2. 部屋見学。

    2005年6月10日0:00

  3. 多言語空間に身を置くと。

    2010年4月16日14:20

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!