絶対話せる!英会話

アメリカ土産って…?

この記事は3分で読めます

昨日買い物に行ったばかりだと言うのに、今日もまた近所のモールへ買い物に行ってしまった。あと10日間丸々暇なので、お世話になった皆さんに何かを作ろうかと思い、手芸屋に出かけたのがまずかった。手芸屋の隣は巨大なショッピングモール。ついつい昨日に引き続き、靴1足(23.99ドル)、タンクトップ3枚(8.99ドルが2枚、5.80ドルが1枚)、ジャケット1着(24.80ドル)を買ってしまった。税込合計で76.33ドル。その他手芸屋で30.63ドル。さらに別のお店で鞄を2つ買い、25.01ドル。

今日の出費は131.97ドル。ちなみに昨日は103.21ドルで、先週の金曜日は130ドル。この8日間で365.18ドルも買い物しているー。(^_^;)しかし戦利品は靴4足、皮鞄が2つ、スカート2枚、ジャケット1着、タンクトップ3枚、キャミソール1枚、パンツが3枚、ピアス、指輪、ネックレスが1つずつと考えると365ドルと言うのは、かなりいい買い物のような気がする。日本だったら、スーツ1着で終わってしまう値段である。(しかもブランド物のスーツならこの値段では買えないだろう。)

もう完全に帰るモードに突入なので、今のうちに欲しいものは買っておこうという気持ちと、今までのジュース代もけちるほどの(先学期なんて主食はキャベツと人参とおかゆ)倹約生活でうんざりしているのと、日本に帰ったら高くて何も買えないだろうという気持ちと、今学期を終えた喜びで、完全に箍がゆるんでしまっているらしい。

日本に帰ったら、働けるというのを当てにしているのだが、これも仕事がすぐに見つかればの話である。もう何も買わない。あ、しかしお土産を買わねば…。困ることはアメリカのお土産っていいものが何もないということである。どこか観光地にでも行けば何かあるかもしれないが。アメリカで買えるものは日本でも大抵買える。それにしてもアメリカの特産品って一体何だろう?牛肉?ポテト?はっきり言って、私はアメリカのことをほとんど知らないのだ。

ビーフジャーキーくらいなら持込可か?確かハムとかは持ち込めないはず。肉が入った缶詰はどうだろう?そうだ、ポップコーン買って帰ろう。これは前回もお土産としてして、皆から好評だった。そして私の唯一好きなアメリカの食べ物である。電子レンジに入れるだけでお手軽に美味しいポップコーンが出来上がるのだ。日本でもあるのかもしれないが、私の周りの友人は目新しそうにポンポンとはじける様子を楽しんでいた。

それにしてもアメリカには、私が個人的にいいなと思う製品が少ない。食料品、日用品、雑貨、洋服、鞄、靴とほとんどのものが日本より遥かに安いが、お土産になりそうなものは少ない。

そう言えば土産と言えば、人から本当に嫌がられる土産を過去に買ってしまったことがある。(この話ブログで書いたかな?)それはアイスランド、チェコ、デンマーク、ドイツに行ったときのことである。荷物が増えるので土産は最後の空港コペンハーゲンで買おうと決めていた。所持金も少なくなり、迷わず安くて大きなお菓子の箱を買った。しかも4箱。そして帰国後、友人宅でそれを開けた。箱の中にはいろいろな色のお菓子がぎっしりと入っていた。

友人3人が一斉に口に放り込む。友人Aが「まずっ。」と言って口から取り出す。友人Bも「ぎぇっ。」と言って吐き出す。友人Cは「ごめんね。」と私に言いながら、口から出した。そ、そんなにまずい?3人が一斉にそんな反応を示すなんて。しかも買って行った本人を目の前にしても、我慢できないまずさとは一体?友人Aのコメントは「腐ったタイヤを食べているような気分」だった。腐ったタイヤって…、どんな味?しかし私は食べなかった。友人Bはそれでも新しい物好きチャレンジャーで、一通りいろいろと試していた。「おっ、これはまずいけど、食べられる。」などとコメントを残しながら…。

しかし困ったのはその後である。その残り3箱の処理である。そこまでまずいと言うものを、今更人に差し上げるわけには行かない。どうしようか?と考えていると、友人Cは「捨てるしかないんじゃない。」と言った。そ、そんな…。安かったとは言え、一応お金を出して買ったもの。何も利用せずに捨てるなんて…。友人Cは引き続き、「だってこれさー、人に上げたら信用無くすよ。というか、嫌味に思われるかもしれないよ。」友人Bも「そうそう、嫌いという意思表示の表れと受け止められてしまうかもよ。」とさらにとどめをさす。そこまで言われては仕方がない。泣く泣く捨てたのである。あー、あの時5ドルをケチらなければ、まともなお菓子が買えたかもしれないと思うと、とても悔しかった。

このときのお菓子はちなみに真っ黒い長い棒状のお菓子。名前は何と言うか忘れた。レイキャビックの屋台でもよく売っていた。そんなにまずいものだったのか。確かコペンハーゲンでも見かけた。そのお菓子全部がまずいのか、あるいは私が購入したものだけが特にまずかったのかは知らないが、もう二度と安いお菓子を土産では買うまいと心に誓った。捨てるのだったら、もっといいものが買えたはずである。

なので、今回も自分が試したことがないものは止めようと思う。うーん、何にすべきか、アメリカ土産。

あわせて読みたい

  1. New York City。(2日目)

    2007年8月18日15:21

  2. どうにかこうにか…。

    2006年1月25日0:00

  3. 模様替えと気分転換。

    2004年12月5日0:00

  4. ピーナツ。

    2011年5月13日12:29

  5. こ、腰が…。

    2005年3月24日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!