絶対話せる!英会話

いろいろ細々と。

この記事は2分で読めます

本日は私の授業登録日。昨晩12時1分から授業の登録ができるようになった。学校のWeb Pageで5科目を登録しようとしたところ、Overloadです、とコメントが出てしまった。そのため本日カウンセラーと会い許可をもらい残り1科目を登録してもらった。確か17単位だったかな?私の学校では、それ以上のユニットを登録しようとすると、カウンセラーの許可が必要になるのだ。どうにか無事に登録できたので、とりあえずこのまま授業のキャンセルがなければ、トランスファー志望校2校のRequirementは終わらせることができるはずだ。今日はいろいろと溜まっていたことを一気に片付けた。

まず授業の合間にファイナンシャルセンターに質問に行った。一昨日FAFSAでファイナンシャルエイドの手続き(今年の分)をしようとしたところ、昨年の年収とその証明に必要な書類W-2についてWeb pageで書かれていた。まだその書式は受け取っていないので、どうしたらいいのか聞きに行ったのだ。すると今月末にはそのW-2は発送予定らしく、その後手続きをしても十分間に合うと言われたので(締め切りは3月2日らしい。しかしその後ももちろん申し込める。)FAFSAの更新手続きは一時保留にしておくことにした。

次にUtilitiesのオフィスへ行った。Depositの調査依頼をしたのは確か一月前。予想通り、その後何の連絡もなかったので、どうなっているのか確認しに行ったのだ。やはりすっかり忘れられていたらしく、何の進展もしていなかった。1週間後にカスタマーサービスに電話をかければ分かるようにしておくので、1週間後以降に電話をかけてね、と言われる。毎度の事ながら、びっくりしてしまうアメリカ人の仕事ぶり。ま、慣れたけれどね。

その後、家へ一度帰りトランスファー手続き中の私立大学へ電話をかける。(携帯電話を持っていないため、落ち着いて電話をかけるときは家へ帰らざるを得ない。)聞きたい情報は得られたのだが、あまりにも素っ気無い対応に驚く。ここの大学の男性職員の態度はいつもよくない。女性職員は親切なのに。

その後ドクターとの予約があったため、学校へ戻りヘルスセンターへ行く。先週の血液検査の結果を聞いた。アザに関する検査結果は問題はなし。しかし持病の検査結果があまりよろしくないらしく、薬の量を少し変えることになった。また6週間後に血液検査をしてしばらく様子見。検査結果はいつも変わるので、これについては特に心配はしていない。

その後、大学のトランスクリプト事務所へ行く。慌てて家を出たため、なんと書き上げたばかりの書類を家へ置いてきてしまった。全く何をやっているのだか。しかし事務所の人と話したところ、オフィシャルトランスクリプトは送付申請書を受け取った翌日に発送するので、まだまだ大丈夫と言われる。

更にその後、トランスファー事務所へ行き、来学期に取る予定の英語の授業が志望校のトランスファー必須科目に含まれるかどうかを最終確認してもらった。

そして帰り道にAAAへ寄り、車の保険とメンバーシップの更新をしてきた。

面倒なので先延ばしにしてきたことを、今日一気に終えた感じだ。少しすっきりした。しかし買い物を済ませ再び家へ帰って来たところ、既に午後2時過ぎ。まだお昼も食べていないのに…。こまごましたことは本当に時間がかかる。だからついつい先延ばしにしてしまうのだが。

明日は数学のクイズ。夜のヒストリーの授業の前まで少し勉強しよう。

あわせて読みたい

  1. 帰国。

    2007年4月15日15:30

  2. ご近所なのに…。

    2007年8月23日13:30

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!