絶対話せる!英会話

一人の常識はみんなの常識ではないけれど。

この記事は1分で読めます

先日オフィスの同僚(ディレクターの秘書のおばちゃん)が私達に何かを聞いてきた。「UAEって何?」「国の名前よ。」と一人が答える。「何の略?」と言うので、私は丁寧にスペルまで教えてあげた。彼女はどうやって綴るのかも知らなかったからだ。「初めて知ったわ。」と彼女。

「何でこんな国知っているの?」と言わんばかりの表情をしていたので、「世界でとても金持ちな国の一つよ。」と言ったら、きょとんとしていた。「石油が出るのよ。一度その国の空港へ立ち寄ったことがあるのだけれど、空港の中は大理石で作られたものがたくさんあったわよ。」と言ったところ、「あー、石油。それでお金持ちなのね。」と納得していた。

私が小学生のとき、かれこれ30年近く前、社会科のカラー資料集に"世界一金持ちな国”と紹介されていた。つまり私は小学生のときからこの国のことを知っていたわけだ。彼女は50歳くらいか。その間一度もアラブ首長国連邦のことを聞いたことがないという事実に私は驚いた。日本の50歳の人なら、どんな国かは知らなくても、国の名前を知らない人なんて恐らくいないのではないだろうか。

ま、一人の常識がその国の常識というわけではないけれど、アメリカ人の海外への興味のなさを改めて見たような気がした。

あわせて読みたい

  1. 帰国。

    2007年4月15日15:30

  2. アジアンマーケット

    2004年11月14日0:00

  3. 1ドルショップ。

    2004年9月24日0:00

  4. 強くて当たり前よね。

    2012年6月22日15:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!