絶対話せる!英会話

車の修理第二弾。

この記事は2分で読めます

水曜日の夕方に車がどうにかまともに動くようになったので、ついでに今度はブレーキも直すことにした。私の車はブレーキをかけると「きぃきぃきぃーーー。」と音がするので、誰もが修理を勧めるのだ。しかし何度か修理屋へ持って行ったのだが、どこも悪くないと必ず言われてしまうのだった。ま、それなら音がしても構わないか、と思いつつ早3年以上が過ぎていたので、そろそろ交換時かな?と思ったのだ。(もちろんこの間も何度か見てもらっているが、その度に問題はないと言われていた。)

ブレーキーパッドなどの部品を部品屋で購入し($100ほど)、修理屋へ持って行った。アメリカでは車のパーツを買うことができるお店が充実している。車の種類を言うと、お店の人が必要な部品を揃えてくれるので、とても便利。

修理はすぐに終わる予定だったのだが、修理工の人が言う。右側のフロントは、何かがおかしいと。苦労してどうにか取り付けたのだが、何でも別の部品を買って来なさい、と言われた。それは「カリパー」と言うらしい。紙に書いて、とお願いしたところ、スペルを知らないと言う。(ちなみにこの修理工はヒスパニック。)何度か発音練習をさせられた後、仕方なく名刺をもらって車の部品屋にその部品を買いに行った。どの店もオーダーすれば2,3日で届くらしいが、私はその日しかそこにいる予定ではなかったので、すぐに部品を手に入れる必要があった。

2軒目の店員さんが親切で他の店に電話をかけて、その部品があるかどうかを聞いてくれた。(ちなみに全く別の店。チェーン店でなくても、実はこうやって他の店と助け合っているのかもしれない。)そして近所にオーダーして2,3時間で届く店があることが分かった。そしてこの店員さんが修理工の人と直接電話で話をしてくれて、実際にどの部品が足りないのか紙に書いてくれた。私の発音でも通じたのだが、更に詳細が必要だったらしい。その部品はcaliperというスペルだったことが分かった。ブレーキの円盤のような形を外側から押さえるような部品である。店員さんにお礼を言って、3件目のお店へオーダーしに行った。

部品自体の値段は49ドルだったのだが、何でもCore Depositというものが55ドルも取られると言う。何のためのDepositか分からなかったので聞いてみたところ、「古い部品と箱を持って帰ってくれば、そのDepositは返す」ということらしい。何でそうするのか聞いてみたところ、リサイクルするとのこと。車の部品がりサイクルできるなんて知らなかったが、リサイクルできるものはした方がいいだろう。

さてその数時間後、やっと部品を手に入れ、また修理屋へ戻る。今度は簡単にブレーキを固定することができた。じっと見ていたため、どうやってブレーキが納まっているのか、働くのかが初めて分かった。実に上手い作りだと思う。考えた人は頭がいいな。車の作りは意外に面白そうだ。

前の車輪はこれで問題がなく修理が終わったのだが、実は私が気になっていた音は前の車輪からではなく、後ろの車輪から起きていることが分かった。そのため修理工の人が後ろもタイヤをはずして見てくれたのだが、「何も問題はない。状態もとてもいい。」とまた言われてしまった。そのためブレーキをかけたときのキィキィ音は何も変わらず。これで何人の修理工にブレーキは問題がないと言われたことか。しかし、それならなぜ音がするのだろう。一体何が問題なのか?

ま、これだけの数の修理工に問題はないと言われれば、ブレーキ自体には本当に問題がないのだろうとは思う。しかしねぇ、ブレーキを踏む度に、音があまりにも大きすぎて恥ずかしいのも事実。今回もまた私はあの音から逃れることはできなかった。止まる際には何の問題もないとは言え、初めて私の車に乗る人には必ず「問題はないから。」と説明をしなくてはならない。そして音を聞いた人は誰もが直した方がいいよ、と言ってくるし、その度にまたこれまでのいきさつを説明するのも面倒くさい。この車に乗り続ける限り、あの音からは逃れられないのかもしれない。

あわせて読みたい

  1. –> ひかりさんへ

    2005年2月12日0:00

  2. Lake Silverwood。

    2009年4月20日14:46

  3. First Communion

    2010年5月19日12:48

  4. K.Town。

    2009年7月11日9:22

  5. お買い物。

    2005年6月5日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!