絶対話せる!英会話

Pechanga。

この記事は2分で読めます

土曜日の夜はカジノへ行った。ここへ来るのは、2度目。もちろんNative American経営のカジノである。ロゴマークもNataive Americanの羽の模様だ。http://www.pechanga.com/home.asp

私はギャンブルにはお金を一切使わない人なので、カジノではひたすら人のギャンブルを見ているだけだ。今回はまって見ていたのは、ポーカー。じっくり見ているとおもしろいものだ。自分がお金を賭けているわけではないのだが、ギャンブラー達と一緒に一喜一憂する。恐らく1時間以上はあちこちのテーブルを覘いていた。最低金額が25ドルのテーブルが一般的なところらしい。これが15ドル、10ドルのテーブルになると、若い人が増える。そして高額金額のみOKのテーブルになると(前に書いたとも思うが)、見事にアジア人しかいない。今回はその中に白人を一人だけ見た。

何杯目かのワインを飲んでいたときに水も飲みたくなったので、バーへ立ち寄ってみた。するとバーテンダーの女の人が、「今すぐにワインを全部飲んで。」と言う。「へっ?」と思い聞いてみると、カリフォルニア州のカジノは法律により、午前2時から6時はお酒を飲んではいけない時間帯になるそうだ。そのためお酒を売るのは、午前1時半まで。そしてもし2時過ぎに目の前でお酒を飲んでいる客がいた場合、没収しなければならないとのこと。私は仕方なく、くぴくぴっとグラスを空けた。

そうそう、もう一つ聞いたカリフォルニア州でのカジノの話。カリフォルニアではシュワルツネッガーが、カジノが利益のどれくらいの割合をお客に還元するか、ということを定める州律を通したそうだ。それはカジノでも変えられない割合らしく、州政府がコントロールしているという話を聞いた。なのでラスベガスでギャンブルをするよりも、カリフォルニアでギャンブルした方が、一応は当たる確立が高くなっているらしい。ま、最初の一歩を踏み出しもしない私(自分のお金をびた一文ギャンブルに使いたくない)にとって、それはどうでもいい話だが。

そう言えば2月に来たときにあったスクリーンでのルーレットが撤去されていた。ルーレットがスクリーン上なんて確かに見ていたってちっとも面白くないと思うし、人気がなかったのは当たり前だろう。

カジノでいいところはお酒を飲みながらふらふらできること。カジノでイヤなところは帰って来ると、自分がタバコ臭くなっていること。

ま、非日常的な空間を楽しむという意味では、たまにこういうところに行くのも悪くはない。

あわせて読みたい

  1. うるさいのだけれど…。

    2008年3月5日17:18

  2. 実はアメリカも。

    2011年2月21日3:46

  3. 知らなかった…。

    2007年3月4日8:27

  4. Party。

    2004年9月25日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!