絶対話せる!英会話

Stand Up Take Action。

この記事は2分で読めます

いつも読ませていただいている、とある日本の大学教授のブログから「Stand Up Take Action」のことを知った。( http://standagainstpoverty.org/ ) 何でも今週末は世界中のあちこちでイベントが開かれているらしい。これは2000年にミレニアム宣言として発表されたミレニアムディベロップメントゴールを世界に広げるためのイベントらしい。日本でのイベントはこちら。( http://www.standup2015.jp/# ) 詳細は外務省のページから。( http://www.mofa.go.jp/Mofaj/gaiko/oda/doukou/mdgs.html ) ここでの紙芝居を読んでいただくとMillennium Development Goalsが何だかお分かりいただけると思う。

イベントの紹介はYoutubeにもある。
http://jp.youtube.com/watch?v=N3tWjeIN4qA
http://jp.youtube.com/watch?v=R9I4DEDA1oU&feature=related こちらはRichard Gereが出演。

ここのページ( http://www.standup2015.jp/know/mdgs.html ) からそのままコピーした以下の8項目がミレニアムディベロップメントゴールである。2015年までにこれらのゴールを達成するのが目標だ。
1.貧困と飢えをなくそう
2.みんなが初等教育をうけられるようにしよう
3.ジェンダーの平等を進めよう
4.子どもの死亡率をへらそう
5.妊娠・出産にかんする妊産婦の健康を改善しよう
6.感染症などの病気が広まるのを防ごう
7.環境の持続可能性を確保しよう
8.世界の一員として先進国も責任を果たそう

私のメジャーは国際開発なので、これらは何度も耳にした。すでに2008年も終わりに近づいていることを考えると、2015年までにこれらを達成するのはムリだとは思うが、世界的にこういうはっきりした目標があることは開発に関係ない人にとっても分かりやすくていいと思う。日本では当たり前のことが、どれだけ世界の多くの人にとって得ることがむずかしいことかを、このゴールを見れば分かると思う。2番の目標なんて、全員が小学校へ行くことができることを目指しているのだ。

ブログを読んだ後、LAでもイベントがないかどうか探してみた。昨日はいくつもイベントがあったらしいが、今日は一つしかなかった。それがこれである。
http://standagainstpoverty.org/en/node/3348
そしてこのイベントに友人を誘い行ってみた。これはもっと緑を増やすという環境問題からミレニアムゴールへのアプローチだった。

以前は開発と言えばGDPを上げることを目標にしていたが、実際GDPが上がってもその国の末端の人たちには恩恵は届かない (trickle-downは起こらない)ということが分かってきたため、今はGDP以外の部分( fundamental human right, interdependent nature of peace, economy, civil society, democracy, social justice, and environmentなど)も開発の重要な要素として考えられるようになってきているようだ。そうして2000年に宣言されたのが、これらのゴールである。

私達が当たり前と思っている自由や権利を得ることができない人たちが、世の中にはたくさんいるということ。30億人の人が1日2ドル以下で生活をしていること、12億人の人が1日1ドル以下で生活をしているということを、一人でも多くの人に知ってもらいたいと思う。全世界の6分の1の人が、衣食住や安全も保証されていない社会で1日1ドル以下で生きている、その一方で私が昨日見かけたように何十万もする買い物を簡単にできる女性もいる。ひょっとしたらその女性が買った品物の代金は、その6分の1の人が一生かかっても手に出来ない金額かもしれない。治療さえ受ければ治る病気なのに、クスリが手に入らないために死んでいく子供たちがいる。その薬代も、ひょっとしたら昨日女性が買った品物よりも安いかもしれない。世界には、たった1枚の洋服やカバンよりも安い命があるという事実に驚いてしまう。

このゴールが一人でも多くの人のゴールになることを願う。

あわせて読みたい

  1. Golden Rule…。

    2004年10月28日0:00

  2. 土曜日ののどかな夕方。

    2009年3月8日11:40

  3. 自転車を購入。

    2004年12月20日0:00

  4. やっと時差ぼけ解消か?

    2006年5月7日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!