絶対話せる!英会話

さすがビバリーヒルズ。

この記事は1分で読めます

私は毎朝、裏道ばかりを使って(住宅地ばかりで大通りはほとんど使わずに)学校へ通っている。それも毎日同じ道を通るわけでもない。こっちに行ったらどうかな?こっちの方がいいかも、と日々新しいルートを探している。昔から知らないところを歩くのが大好きだったので、毎日同じ道を使うと飽きてしまうのだ。

今朝はたまたま通りかかったところに立派な建物を発見した。今日は見事な青空、その中に白を基調とした堂々と建つ建物、絵になる風景だった。何の建物だろう?と近づいて行ってみたところ、高校であることが分かった。その名もビバリーヒルズハイスクール。きれいな学校、さすがビバリーヒルズ、である。

気になったので帰ってきてみてからWikipediaでチェックしてみたところ、ビバリーヒルズ唯一の公立学校らしい。以前、アメリカの公立学校は地元のProperty Taxで支えられている、と、経済の授業で教わったことがある。そのため金持ちが住む地域と、貧しい人が住む地域では、同じ公立学校と言え、雲泥の差があるとのこと。今日はその現実を見たような気がした。ビバリーヒルズハイスクール、公立立学校とは言え立派な建物である。私の家のすぐ側にも公立高校があるのだが、全然雰囲気が違う。決して私の家の周りが貧しい人が多い地域と言うわけでもない。

ちなみにビバリーヒルズ高校は
In 2007, about 37% of the 2,362 students at the school are of Asian extraction, about 4% are Latino and about 2% are African American. Nearly 60% of the students are white, という内訳らしいので、私の近所の学校とは人種も違う。(Wikipediaより。)
私の家の側の高校は黒人とヒスパニックが多い。

お金がある人が通うところと、そうでない人が通うところは、同じ公立高校でも大分違うというのは本当のようだ。今日はまたアメリカ社会の不公平さを見たような気がした。

あわせて読みたい

  1. 日本の居酒屋へ。

    2005年6月14日0:00

  2. 移民にやさしい国。

    2006年12月26日0:00

  3. 暑い。

    2008年5月17日16:00

  4. 引越し完了。

    2005年4月12日0:00

  5. いろいろゲット。

    2004年12月31日0:00

  6. New Yorkへ。

    2007年8月18日12:56

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!