絶対話せる!英会話

LA探検。

この記事は3分で読めます

先週末にNew Yorkから戻ってきてから、やっといろいろとLA市内を歩き回る(実際は運転)ようになった。Target、Home Depot、WalMart、Food 4 Less、Trader Joe’s、郵便局、99Centショップなどがどこにあるかを把握し、どうにか不自由なく動けるようになった。先週末はルームメイトとSanta Monicaへ行き、買い物とストリートパフォーマンスを楽しんだ。今日は土曜日。ルームメイトが仕事が休みなので、夕方から二人でSunset Blvd.の辺りをうろうろと歩いてみた。

Sunset Blvdまでは家から車で10分ほど。とても近い。近くにこんなコ洒落た通りがあるなんて全く知らなかった。洋服屋は日本のブティックのようだった。なぜならきれいに洋服がレイアウトされており、価格も日本並みだったから。以前住んでいた町のお店とは洗練さ具合がまるで違った。そしてサービスも。一軒の洋服屋に入ったところ(A/X)、いきなり「お水を飲みたいですか?」と聞かれる。「へっ、水。ええ、まぁ。」と答えたところ、なんとペットボトルの水をくれたのだ。私たちはコップでお水がもらえるのかと思っていたところ、予想外にペットボトル。一本ずつありがたく頂戴した。何せ今日は夕方6時でも、36度あったほどの暑い1日。少し歩くだけで水を欲してしまうほどの天気だったのだ。

この通りはあまり洋服屋がたくさんあるというわけではなかったが、喫茶店、食べ物屋、バー、日本料理屋などがぎっしりと並んでいた。6時過ぎから始まる食べ物屋があるということは、恐らく夜の方が街としては盛り上がるのかもしれない。今度は夜に出没してみよう。

その後韓国料理が食べたいと言うルームメイトの要望に副い、Korea Townへ行くことにした。途中Santa Monica BlvdやMelrose Aveを通り、ここら辺の通りにも店がたくさん並んでいることを知った。Hancock Parkのマンモス像を眺め、Farmers Marketを通り、Western Aveへ着く。私はお気に入りの店(いつも友人に連れて行ってもらう)を探したのだが、見つからず適当にそこら辺の一軒のレストランへ入ることにした。しかし!これが見つからなくて正解。なぜならそのお店もとても旨かったのだ。牛肉と野菜が入ったHotなスープ。あぁ、アジア料理ってやっぱりいいわ。

帰りは韓国スーパーでお買い物。野菜の品揃えが多く、新鮮で安い。恐らくFood 4 Lessよりもはるかに安い。今日はエノキが3パック99セント。ルームメイトは迷わずお買い上げ。私はいつも愛用している薄切り肉と薩摩揚げ(しかし薩摩揚げよりも薄くて大きい)を買い、Korea Townに大満足して帰って来た。帰りは道がすいていたせいもあり、15分弱で帰宅。そして私の家は、実はとても便利なロケーションにあることに気がついた。

学校までは車で15分、Beverly Hills、Sunset Blvdまでは10分、Hollywoodまでは15分、Korea Townまでは15分、そして近所のVenice Blvdの両側には店がたくさん並んでいる。Venice Blvdの向こう側はCulver Cityのショッピングセンターがあり、そこまでも車で5,6分で行くことができる。Santa Monica Beachへだって、フリーウェイを使えば15分はかからない。そしてMitsuwaまでも15分ほどでたどり着ける。

今度はバスを使ってもう少しあちこちへ行ってみようと思う。なぜなら私の学校での駐車場許可は降りなかったらしく(手紙が届かなかった)、秋学期は間違いなくバス通学することになったからだ。どういうルートで走っているのかはネットでも分かるが、実際はどのくらい時間がかかるのか実際に乗ってみないと分からない。そして更に自転車でも近所をうろうろとしてみようかと考えている。私の家の前はあまり素敵な町並みではないが、通りを1本進むと、一軒家が立ち並ぶ散歩に最適そうな歩道が長く続いている。そういう通りが北側、西側、南西側に続く。そして人もよく歩いている。サイクリングをしたら、きっと気持ちがいいだろう。(但し、東側、南東方向は住む人の雰囲気がまた違ってくる。そしてサイクリングは危険そうだ。)

それにしても今度の部屋は、どこへ行くにもとても便利だ。そしてLAには歩ける環境があるのが気に入った。前の町では娯楽は映画くらいだったのだが、ここには博物館も美術館も公園も劇場も野球場も海も、そして何より沢山の店がある。退屈することはなさそうだ。まだ1週間。全く知らない町へ来たということで少し気分が盛り上がっているのかもしれないが、私は前に住んでいた町よりもLAの方が性に合いそうな予感がする。

あわせて読みたい

  1. Go San Francisco Card。

    2006年12月24日0:00

  2. sustainability fair。

    2008年10月23日10:47

  3. How many years are you? (笑)

    2010年8月12日13:55

  4. I like San Francisco. (Part 1)

    2006年8月11日0:00

  5. 雨と事故。

    2005年1月11日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!