絶対話せる!英会話

残念な話。

この記事は2分で読めます

先ほどコミカレ時代の友人と電話をしていた。彼の学校は私の学校のライバル私立大学であり、両校は犬猿の仲である。(もちろん冗談ではあるが、この二校のスポーツ対決は、両校で異常な盛り上がりを見せるのは確か。)

その友人から、二人の共通の知り合いについての話を聞いた。その二人は私たち同期のトランスファー組の中では、一応トップの大学へ行った。ところが二人とも最近日本へ帰ってしまったと言うのだ。一人は成績のことで、もう一人はその他の理由で。休学しているだけなのかもしれないのだが、何だかショックだ。

もし成績だけが理由だとしたら、同じUC内でトランスファーはできなかったのだろうか?上の学校から、下の学校へのトランスファーなら恐らく可能だと思うのだが。それにしてもそんなに秀才ばかりが集まっていたのだろうか。
うーん。私の学校もそれなりに知名度はあるが、そしてもちろんメジャーにもよるが、勉強でそこまで苦労している日本人の話はあまり聞いたことがなかったので、驚いた。

もちろん、リーディングが、宿題が、ペーパーが、テストが、などなど、それなりに皆苦労はしているが、課外活動をしている人も多く、または普段全く勉強しない人(テスト前だけにちょっと勉強する人)もいるが、そこまで成績に苦労している話は、今まで周りから一度も聞いたことがなかったのだ。「大変ですー。必死ですー。」とは言っていても、勉強だけしているのについていけない、ということは聞いたことがない。テストで悪い点を取ってしまった、という話は、それこそどこにでも転がってはいるが、皆忙しかったか(就職活動や課外活動などで)、サボっていた、などの理由がある。

日本人の学生は真面目な人は真面目だが、成績をまるで気にしない人も結構いる。(日本企業は就職活動の際、学校名は気にしても成績はそこまで気にしていないそうなので。)そういう人はあまり勉強はしていないが、それでも授業についていけない、という話は初めて聞いた。コミカレでは4.0の成績の人だったのに。周りに相談に乗ってくれる人がいなかったのかもしれない。私は同じコミカレから来た人が同期で3人いて、しかもそのうち2人は偶然メジャーも同じで授業も一緒に取っていた。そういう点ではトランスファー後も気がラクだったのは、確かだ。
うーん。何だか残念だな。落ち着いて考えて、ぜひまたやり直してくれることを祈るばかりだ。

あわせて読みたい

  1. basketball!

    2008年2月22日18:08

  2. 何にしよう?

    2009年4月2日11:21

  3. 自主休講。

    2008年10月3日4:31

  4. 試験終了、授業登録。

    2005年1月14日0:00

  5. International Student Club

    2004年10月27日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!