絶対話せる!英会話

今一番のストレス源。

この記事は2分で読めます

アメリカ生活でストレスを感じさせられること。その1つは、音である。前のアパートもそうだったが、真夜中に大きな音で音楽を聴いたり(他の部屋に音が漏れることを気にしないらしい)、部屋の真横で大きな声でおしゃべりすることがどれだけ大きな音になるのか、こちらの人は、そういう配慮にかけている人が多すぎる。

恐らくそういう大きな音がかかっていた環境の中で育った人が多いのだろう。つまりそれが普通なので、きっと私のように音に敏感な人の感覚は分かってもらえないのだと思う。私は静かであればあるほど快適な人なのだ。だからこちらでよく学生がやっているようなコーヒーショップでの勉強なども、あまり好きではない。スタディグループなどは自分たちも声を出さないとならないので、そういうところでやっていても気にならないが、ひとりで黙々と読書をするのなら、やはり静かなところがいい。

私の住んでいるアパートの隣のアパートの、1つ向こうの部屋の人が、いつもうるさいのだ。これには実は引っ越してきたときからずっと悩まされてきた。そこにはカップルが住んでいるのだが、二人ともかなりの大声の持ち主。おまけに二人とも叫ぶのが好きらしい。以前オリンピックを見ていたときに、大声で叫んでいるカップルがいるとこのブログに書いたが、彼らはオリンピックが終わっても叫びっぱなしのままだった。窓を開けてスポーツ観戦なんてされた日には最悪である。応援部かと思うような大声で、Yes、No、XXXX!、Oh, my God、I can’t believe it! などとにかくひどいときには立て続けに5回以上叫ぶ。本当に叫ぶのだから、びっくりである。私がどんなに頑張っても出せないような大声で、雄叫びを続けるのだ。(本当に雄叫びなんだって!)多分この彼の声は、日本人なら誰もがびっくりすると思う。こんなに家の中で叫び続けている人、日本では絶対にいないだろう。

しかもこの二人、いつも外で会話をしているのだ。理由は恐らくタバコを吸うためだと思われる。その会話がまるで私の窓の横で話しているのかと思うほど大きな声なのだ。更にこの二人に外で喧嘩をされたときには、もう洒落にならないほどのうるささである。急に叫ぶので、びくっとさせられることも、毎日のこと。しかも私にはなぜか彼の方の笑い声が悪魔の笑い声に聞こえて仕方がない。つまりとても癇に障る声なのだ。それが真夜中に聞こえてくると、爆弾でも投げ入れたい気分になってくる。

実は一度、本人に直接、「静かにしてください。」と言いに行ったことがある。「OK。」と彼は言ったものの、全く声の大きさは変わらなかった。夜中の12時は越えていたのだが…。きっと自分の声がうるさいのに気がついていないから、大声で話し続けているのだろう、気がつけば少しは変わってくれるかもしれないと思った私の期待は軽く裏切られた。

そんな二人は、なぜかいつも家にいる。私もいつも家にいるので、彼らも学生かもしれない。そんな彼らは今日はパーティを開いている。音を消すには音しかないため、私も夕方からはずっと音楽をかけている。(もちろん外には聞こえないほどの音量で。)しかし気がついたことがある。パーティに来て外で会話をしていると思われる人たちの声は、実はカップルほどannoyingではない。ということは、やはりあのカップルが異常な大声の持ち主なのだろう。しかも叫び好き。

パーティなので、今日はきっと2時か3時頃まではうるさいだろう。カップルだけでも、毎日のように1時頃までは二人の大きな話し声が、かなりの音量で聞こえてくるのだから、今日の人数では自己防衛が必要である。こういうときは耳栓の出番だ。

ちなみにアメリカでは11時を過ぎてうるさい場合は、警察を呼んでいいらしい。横のアパートの住人に対して(これはまた別の人たち)、私のアパートの誰かが警察を呼んで静かにさせたこともあるとのこと。警察を呼んでもいいが、自分がそこに立ち会うのも面倒。

去年の夏に引っ越したときに、これでやっと耳栓から開放されると思ったのだが、実際はまだまだ愛用中。もう少し人の迷惑というものを、考えてくれるとありがたいのだが。私にとってこの音害は、かなりのストレス。日本ではなかったアメリカならではの新しいストレス源である。

あわせて読みたい

  1. ふと思ったこと。

    2006年8月10日0:00

  2. 結婚式の準備。

    2007年9月17日13:56

  3. 久しぶりの冷や冷や体験。

    2010年7月28日11:03

  4. 国境。

    2011年5月24日13:20

  5. 前に住んでいた近所で。

    2010年5月8日11:46

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!