絶対話せる!英会話

First Communion

この記事は2分で読めます

土曜日に、先日の記事にも書いた
「お誕生日ガール」の
First Communionのセレモニーがあった。

招待されたので、
カトリック教会へ行ってきた。

First Communionというのは、
生まれてすぐの洗礼とは別に、
自分の意思でカトリック教徒となります、と
意思表示をするセレモニーのことらしい。
私も実は初めて知ったのだが、
カトリック教徒にとっては、大事なイベントだとのこと。

アメリカはあちこちに教会があるが、
プロテスタントの教会の方が多い。
(国の生い立ちを考えれば当たり前)
しかしこの「プロテスタント」という言葉は時には、
プロテスタント(クリスチャン)の人は好まないらしい。
なので私は、カトリック教会へは、私は初めて足を踏み入れた。
とは言っても、特に外観や内装に大きな差は感じられなかったが。

しかし元々は同じ宗教でありながら、
カトリックとクリスチャン(プロテスタント)は違うのだ。
そして一緒にされるのをカトリックの人は、
イヤがることも多い。
「一緒じゃないの?」なんて私が聞こうものなら、
「違う!」と、こっちがびっくりするほど、大きく否定される。

100_3093

さて、この日は、7歳から12歳くらいまでの
20人くらいの少年少女が、First Communionを迎えた。
私は教会には3回ほどしか行ったことがないので、
日ごろの説教と何が違うのかは全く分からないが、
Priestの人はこの日を喜ばしい日として力説していた。
(この人の英語は少し聞きづらかった。恐らくヨーロッパの人か。)

でも私は、教会の中がやたらと寒くて
(アメリカの冷房は時々半端ない)
ひたすら「寒いよー、寒いよー。」と思い、
更に英語も聞き取りにくい人だったので、
あまり式のことはよく覚えていない。

ただ子供たちが真っ白なドレスやスーツを
着ていて結婚式みたいで、みんなかわいいなー、
と思っていたくらいである。

100_3111

式の後、近所のホテルでお食事会。
ホテルの中では数人の人に彼女が、
「First Communionね、おめでとう。」と
声をかけてられていたので、
そうか、このイベントはそういう風に
人に受け止められるのか、と納得。

昨年大学の卒業式の後、ガウンを着たまま、
某高級レストランに食事に行き、
お店の人に「おめでとう」と言われたことを、思い出した。
何となくシチュエーションが似ていた。

100_3092

写真は私が彼女をホテルのあちこちで撮影したもの。
9歳になったばかりとは思えないほど、
しっかりした顔をしていて色っぽい。
彼女にはメキシコ人と白人とネイティブアメリカンの血が入っている。
大きくなったら、かなりの美人になるだろうな、
と写真を撮りながら思った。

100_3115

最近は家の近所の子供たちの成長が、
嬉しくもあり、心配でもある。
とにかくこの日は、彼女はとても嬉しかったようで
(何せ本当にカトリック信者の子なので)、
それを見ていて私も幸せな気分になった。

※ (4年後の追記)
この後、また First Communion に招かれました。
それは、このときにピンクのワンピースを着ていた
彼女のFirst Communionでした。
この記事から4年後の出来事。子供の成長ははやい。^^

下のアイコンをクリックして、応援お願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. Firewall。

    2005年2月21日0:00

  2. 初めての携帯。

    2007年7月17日2:43

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!