絶対話せる!英会話

アメリカの自転車って。

この記事は2分で読めます

自転車に乗って学校へ行ってみた。自転車は2年前に購入。それ以後ほとんど載っていない。常に私の歴代のルームメイトの愛車となっている。今も私のルームメイトが通学に使用。(彼の自転車は家の前で盗まれてしまった。いや、鍵をかけていなかった彼も悪いが。)

朝7時に学校へ行ったところ、休校になっていた。次の授業までの空き時間は4時間50分。迷わず家へ帰った。(私の家は車で7,8分の距離)しかし問題はその後。私の通っているコミカレの駐車場はいつも車がぎっしり。学期が始まって2週間ほどは何時に授業が始まろうが、8時前に行かないとまず駐車スペースは見つからない。8時の授業だろうが、7時20分には到着しないと、車を泊める場所が見つからず授業に遅れることになるのだ。

既に学期も半分を過ぎたが、それでも午前中はなかなか駐車スペースが見つからない。そこでふと思い立った。「あ、ルームメイト(中国人の彼女)に自転車借りよう。」(彼女は最近ベンツ(!)を購入のため、あまり自転車に乗らなくなった。)ところが彼女、自転車の鍵をおばさんの家に置いてきてしまったとのこと。仕方ない、やはり車で行くしかないか、と思ったところ、私の自転車を毎日愛用しているルームメイトがその日は学校へ行っていない様子。お、それなら、自分の自転車で行ける、ということで、張り切ってリュックに教科書を詰め替えた。

アメリカの自転車は、かごが付いていない。なので自転車に乗る場合、リュックは必需品だ。さて、乗り始めて、あまりの乗り心地の悪さに驚いてしまった。まず私の自転車、ハンドルが左右に動く。(ねじがゆるんでいる。)そしてハンドル自体がくるくる回転もしてしまう。ねじがゆるんでいるため、左右前後全てに動いてしまう。

そしてサイクリング車スタイルのため、乗り慣れない。学校までは14分ほどで着いたが、乗り心地は悪かった。なぜならサドルが硬すぎ、そして小さすぎるからだ。段々とお尻が痛くなり、最後は座っておられず、半分立ち漕ぎ状態。サイクリング車でこれは疲れる。最初は周りの景色を楽しんでいたが、最後にはあまりのサドルの硬さにキレていた。「少しは乗り心地を考えて作れよ!」クッションが必要だ。

自転車は運動不足解消にちょうどいいと思ったのだが、あまりの乗り心地の悪さゆえに、また乗りたいという気持ちはなくなってしまった。しかもねじを直すのには、六角レンチが必要。そして何よりもかごが付いていないのが、不便極まりない。つまり全てを背負っていかなければならないのだ。テキストが軽い日はいいが、そういう日はまずない。

そしてもう一つ驚くのが、泥除けがついていないことだ。水溜りなどを通ってしまったら、全部自分に引っ掛けてしまうことになる。(CAは雨が降ることを計算に入れていないらしい。)

おまけに車の運転手が、自転車の存在に慣れていない。友人が皆口を揃えて「自転車は危険だから、止めなよ。」と言っていたことに、大いに納得する。

うーん、とりあえず自転車のねじを直さないと。クッションも必要だな。
日本のママチャリは何て快適だったのだろう。あれだったら、毎日自転車通学できるのに。

アメリカの田舎生活に自転車は本当に向かない。(人に言わせると、ここは田舎ではないらいしが。)そしてアメリカの自転車は乗り心地が最悪だ。こんなに不快な乗り心地は、今までに経験したことがない。乗る人のことをあまり考えていない。こんな製品日本にあったら、まず売れないだろう。あぁ、ママチャリが恋しい。

あわせて読みたい

  1. ちょっとナース!

    2006年6月21日0:00

  2. 10台の玉突き。

    2011年3月10日13:13

  3. ご近所なのに…。

    2007年8月23日13:30

  4. 荷物の移動先。

    2005年6月5日0:00

  5. アジア人のイメージ。

    2011年4月24日3:04

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!