絶対話せる!英会話

子猫。

この記事は1分で読めます

友人が「ギフトだよ。」と言って、小さなダンボールを抱えてやって来た。何やら鳴き声が…。ふたを開けると、小さな猫が。キャー、かわいー!

しかしよそ様の家で猫は飼えないだろう。ミルク飲むかな?と思い、与えてみると、ぺろぺろと飲む。らぶりぃな姿。最初はじっとしていた猫だったが、慣れてくると部屋の中をあちこち探索し始めた。

しかしとても臭かった。なので猫を洗ってみることにした。シンクにぬるま湯を入れ、猫をお湯の中へつける。もちろん鳴きまくったのは言うまでもない。首をぶるぶる振るたびにものすごい水しぶきがバスルーム中に飛ぶ。二人がかりで押さえつけ、シャンプー終了。ところが途中、蚤がいることに気付き、今度は蚤退治。毛を少しずつごそごそと掻き分け、丹念に探す。見つけても毛の奥の方にいる蚤は取り除くのが大変。一つ一つ手でつまみ出し退治した。

ドライヤーで乾かし始めたところ、子猫は気持ちがよかったらしく、すっかりされるがままになっていた。乾いたところずっと抱いていたら、スースーと眠ってしまった。なので新しいダンボールへ入れた。ところがダンボールへ入れると、今度はギャーギャーと鳴き出した。仕方がないので、布団の上に置いたところ、丸くなりすやすやと眠ってしまった。

友人が2週間町を留守にするので、その間面倒をみたかったのだが、最終的には断った。なぜなら私は自分で猫を飼っていた経験がないので、子猫をどのようにしつけていいのか、まるで分からないからだ。餌をどれくらいあげていいのか、トイレはどうするのか、そういうことも知らないのだ。結局、友人は自分の留守中はまた別の人に預かってもらうことにした。

それにしてもかわいかったなぁ。ここが人の家でなければ、飼ってみたかった。将来は猫を飼おう。あの気まぐれな動きが何とも言えずいい。

友人のおかげで、ちょっと楽しい経験をした一日だった。

あわせて読みたい

  1. うーむ。

    2006年4月20日0:00

  2. 1週間が早い。

    2008年2月6日17:06

  3. チケットを購入したら。

    2011年4月29日10:35

  4. 切り替え。

    2009年10月21日3:22

  5. 野生の証明。

    2005年11月10日0:00

  6. 予防接種。

    2006年4月4日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!