絶対話せる!英会話

丸い太陽と丸い月。

この記事は1分で読めます

今日は大きな赤い太陽とオレンジの月を見た。どちらも見事に真ん丸だった。朝、5時頃散歩をすると、まだ太陽が出てきたばかり。そして一面の広い畑の上にぽっかりと赤い朝日が昇る。朝日がきれいに見れるのは、この時間帯だけだ。ウォーキングも帰る頃になると、太陽は既に白くなり、昼間のそれとほとんど変わらない。だだっ広い空に真っ赤な太陽。何だか嬉しい一日の始まりだ。

一晩中遊んでいたと思われるお兄ちゃんたちも(16,7歳か?)きれいな朝日は嬉しいらしい。朝日をバックに記念撮影をしていた。歳を取ろうが、若かろうが、時代が変わろうが、朝日を見て「おぉっ、いいな。」と思うのは変わらないらしい。人間も動物なのだなー、自然の恵みは素直に喜べる。

そして夜は真ん丸なお月様を見た。田舎だから、空を遮るものがそれほどない。大きくどしんと道の上に浮いていた。

私は一日に何かをした証がないと、生きていることに対して罪悪感を持ってしまう人だ。生産性があることを何もしなかった一日は自己嫌悪に陥るし、昨日よりは今日の自分の方が進歩したという事実がないと、それだけで何やらすっきりしない気分に襲われる。することは何でもいいのだ、小さなことでいい。洗濯をしたとか、本を読んだとか、買い物に行ったとか、料理をしたとか、友達と会ったとか。とにかく能動的に自分から何もしなかった日(TV見ていただけとか、寝ていただけとか)は、夜になると反省モードに入ってしまうのだ。

しかし自然に触れていた日は、何もしなくても気分がいい。大きなものの中にいると、小さいことはどうでもよくなる。そして大自然の中には一つ一つのものに、パワーがある。やっと咲いた朝顔を見たり、鷺を眺めたり、蝉が飛んでいるのを見たりするだけでも、「あー皆しっかり生きているんだな」と当たり前のことに感動し、元気が湧いてくる。田舎でぼぉーとしていると、そういう生活も悪くないなと思えるから不思議だ。

今日は朝日も、夕日も、満月も見た。会社で仕事するだけの日常生活でも、気分良く毎日を過ごす秘訣はいろいろとあるらしい。今日の元気は真ん丸の太陽とお月様だった。

朝早いウォーキングは心身共に良いらしい。

あわせて読みたい

  1. 電子辞書が到着。

    2005年12月14日0:00

  2. 味覚が…。

    2008年6月7日13:35

  3. 時差はないはずなのに。

    2010年2月27日8:16

  4. たまにはこんな日も。

    2008年5月21日13:41

  5. ネットがなかった6日間。

    2009年10月27日4:05

  6. Figure Skating – Female。

    2010年2月25日4:11

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!