絶対話せる!英会話

仕事の疲れは足にくる。

この記事は1分で読めます

今週からの仕事の疲れは体のあちこちに来ている。まず朝がなかなか起きられない。そして全身が常にだるくなった。昼間でもやけに眠い日が増えた。眠すぎるため、集中力が落ちた。とにかく全身の倦怠感がずっと続いている。1ヶ月前とそれほど労働時間は変わらないと思うのだが、なぜだろう?

暑さのせいと言うのもおかしい。なぜならLAの方が前に住んでいたところよりも全然涼しいからである。もちろん暑さには困っているのだが、私の場合気温ではなく、足の裏の熱さ。私は一年を通じて暑がりで、手のひらと足の裏が一年中ほてっているのが常。アメリカの冷房の強さで時々寒かったり冷えることはあるが、いつもは体の火照りに苦しむことが多い。それが今回の立ちっぱなし労働で拍車がかかってしまった。こうなると熱くて熱くて気持ちが悪い。冷え性の人も大変だと思うのだが、手足の火照りもなかなか不快なものである。

思い返せば高校生の頃からそうだった。夏は手が熱いため、机の冷たい部分を探してはずっとそこを触っていた。真冬でも靴の中は汗をかき、靴を脱いで足の裏を冷やしていた。周りの人が寒そうにバスを待っている中、私は片足ずつ靴を抜いて足を冷やしたものだった。

今週のどうしようもないこの気だるさは、どうも足の裏の火照りに関係があるような気がしている。そこでネットで調べてみた。足の火照りは「更年期障害」「自律神経失調症」などと関係があるらしい。

しかし…。まだ更年期障害になるにはいくら何でも早すぎるし、自律神経失調症は今では完全に治っている。一体何が原因なのだろう?冷えた足は(私の場合)手でマッサージをすれば温まるが、火照った足は水などで冷やさないとならない。しかも水で冷やしても一瞬のことなのだ。

あまりにも今日は膝から下が熱すぎて(しかし触ってみると熱くはないのだが)、ペタペタとシップを貼ってみた。しかしこれもきっと一瞬の気持ちよさで終わってしまいそうだ。何か方法はないものか。

どなたかいい対処法をご存知でしたら、教えてください。

あわせて読みたい

  1. 阪神優勝!

    2005年9月29日0:00

  2. 六本木ヒルズ。

    2005年10月22日0:00

  3. Spider-man 3

    2007年5月11日14:45

  4. 1年ぶりの日本。

    2007年4月9日7:00

  5. Stoning。

    2010年9月9日12:19

  6. 電子辞書が到着。

    2005年12月14日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!