絶対話せる!英会話

先日、空港で。

この記事は2分で読めます

日本から飛行機に乗り込むときに耳に入ってきたアメリカ人3人の会話。3人ともそれぞれ知り合いではなかったらしく、そしてそれぞれが日本以外からの国から(アジアのどこか)の中継ぎとしてアメリカに帰るために成田に立ち寄ったらしい。その会話の中で、一人の女性が言った。

日本の空港のSecurity Checkで担当者がこう言ったらしい。「I need to check your body.」 そして女性はこう答えた。「No. You can’t!」 するとオフィサーは同じ事をもう一度言った。そして女性も同じ答えをした。しばらくやりとりをした後、そのオフィサーは鞄(bag) を調べたかっただけ、ということが分かった、とのこと。「body と bag を間違えたのよ。ありえない。」他の二人も同調する。「だってここは日本だから。」と笑っている。

聞いていて、私はその話の信憑性を疑った。話を面白くさせるためだけに作ったのではないか? もっと複雑な言葉なら間違えるかもしれないけれど、ボディとバッグって、大体もう日本語になっているし。

しかし聞いていて腹が立ったのは、大体今まで私に英語以外で接してくれたオフィサーなんて、アメリカでは一度もお目にかかったことがないのに、人の国のオフィサーが努力して自分の国以外の言葉で話しかけてあげているのに、一体その思い上がった態度は何?ということ。アメリカでも多分スペイン語や中国語を話す人は、空港職員の中にいるだろうとは思うものの、アメリカの場合、はじめからそういうサービスはしてくれない。(外国語サービスがあるかどうかも実際はよく知らないが。)日本人がとりあえず英語を話そうとしているのだから、アメリカ人空港関係者もそれくらい見習って、もっと空港のサービスをあげたらどうなのよ、と言いたい。

しかもその国の人たちに囲まれた中で、普通堂々とそういうことを笑いものにするだろうか。日本人は英語が分からないだろうと思って、そういうことを大声で笑い話にしているのかもしれないが、それはかなり失礼な態度だろう。逆の場合を考えてみる。日本人がアメリカに旅行に行ったとする。日本語で話しかけてきたアメリカ人オフィサーが日本語の間違いをしたら、それを大声で日本語で「言葉が変だった」とアメリカ人の前で笑いものにするだろうか。普通はしないだろうと思う。頑張って日本語を話してくれているんだな、と思うのが自然だろう。

全く!人の言葉を馬鹿にしたり、それを問題だととりあげる人に限って、モノリンガルが多いんだよな、といらいらしながら飛行機に乗り込んだ。(いや、その人たちが実際はモノリンガルかどうかは分からないけれどね。)しかし言葉を自然に覚えた人以外は、他の言葉を習得することが大変なことを知っているはず。努力したことのある人は、普通は努力している人の姿を見て笑わないだろう。

しかしもし、「鞄をチェックします」というつもりで、「体をチェックします」と本当に言っていたとしたら、ちょっと日本の空港関係者もまずいけれどね。真相は分からず。

あわせて読みたい

  1. しばしの別れを。

    2006年1月15日0:00

  2. さて次は何を…?

    2005年7月30日0:00

  3. 止められないもの。

    2008年9月25日4:53

  4. たまには英語の話。

    2005年9月11日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!