絶対話せる!英会話

フィギュアスケート世界選手権。

この記事は1分で読めます

今朝は5:20に起きて、朝からフィギュアスケートの世界選手権へ行ってきた。別の町からLAへ戻ってきたので、しかも通勤時間帯だったので、6:30には出発した。そんな早起きをして今日は朝8:45から夜遅くまでずっとスケートを見た。終わったのは、もう11時近く。

お腹もすいたし、のども渇いたし、寒かったし、拍手をし過ぎて手も痛くなった。今帰ってきた夜食を食べたら、もう既に夜中の12:30。今日は長ーい一日だった。ゆっくりと本日の感想を書きたいところなのだが、早起きをしたせいか、ビールを飲んだら今、急に眠気に襲われてしまった。なので詳細は明日書くことにして、とりあえずの報告だけ。

何と言っても今日のハイライトは、キム・ヨナ。すごすぎ。見ていて鳥肌が立った。LAには韓国人が多いので、アメリカ人の次に歓声が上がるのは、韓国人。そのためキム・ヨナが登場したときは、会場全体がにぎやかだった。しかし彼女が終わったときには、もう誰も彼もがうなるほど。採点方法など知らない私たち一般人でも、ハッキリと彼女は別格、と感じた。そして76点。想像以上の点がついて驚いた。本当に見事でした。何せ彼女は、テクニカルポイントだけで46点以上あり、それだけで今日の3分の2以上の出場選手の総合得点を上回ってしまっていた。

安藤美姫は今日は落ち着いていたようで、練習のときから何となく調子が良さそうに見えた。ジャンプも良かったし、ポーズもきれいに決まっていたと思う。ただ周りの人も今日は皆調子が良かったらしく4位となってしまった。、浅田真央も良かったと思う。動きもきれいだし、ジャンプも安定。しかしもっとできたかもしれないと思ってしまうのはなぜか?村主章枝も優雅だった。ジャンプもそつなくこなしていたし。 村主ファンの私としては、本物を見ることができて大感激。でっかい声で「すぐり~!!!!」と叫んでました。(本当はさん付けで呼びたかったのだが、長くなってしまうと2拍で迫力がなくなってしまうため、すみません、今日は呼び捨てで。)

あ、もう眠気がピーク。明日続きを書きます。おやすみなさい。

あわせて読みたい

  1. Figure Skating – Pairs

    2010年2月16日17:07

  2. ここ数日の動き。

    2008年6月28日10:00

  3. Kindle。

    2011年2月6日13:49

  4. 行水。

    2008年6月5日6:32

  5. バッタの新種?

    2005年9月11日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!