絶対話せる!英会話

目が真っ赤。

この記事は2分で読めます

また風邪をひいた。アメリカに来る前の数年間は風邪など、ひきそうでも悪化したことがなかったのに、アメリカへ来てからやけに風邪をひくようになった。多分運動不足による体力の低下が大きいのではないか、と思っている。先週火曜日の朝、喉が痛いな、と思ったら、午後には発熱。先週は二度の早退。そして本日月曜日もまた早退、となってしまった。

熱は先週でひいたのだが、週末から咳がひどくて夜が眠れない。今日も会社でゴホゴホとしていたため、周りの皆様に風邪を移しては申し訳なく、午後に早退させていただいた。もっと早く病院へ行けばいいものを、いつも症状がひどくなってから行くことになる。(アメリカの病院は面倒だし、高いため。)今日病院へ行ったのは咳もひどかったのだが、右目が真っ赤になってしまったためだった。それもちょっとやそっとの赤ではなく、白目が全部赤くなってしまった。このままホラー映画に出れそうなくらい恐い目だ。感染症らしく、先程処方してもらった目薬を差したら、相当しみた。炎症を抑えるという注射もついでにしてもらい、更に効き目が強力そうな薬も処方された。

目が真っ赤な状態だったので、視力を測られた。しかしよく見えん。アメリカの視力検査は日本のように、黒丸に穴があいているのではなく、アルファベットだ。従ってPとFの大文字や、GとOの大文字の差が分かりづらい。結果的には、両目とも20/20とのこと。どういうことだか分からなかったので、グーグルしてみたところ、こういうウェブページを見つけた。
http://homepage2.nifty.com/kaitsuka/vision.html

これによると、20/20というのは、割ったとおり1.0に該当するとのこと。
わー悪くなった、とショックを受けたものの、今日は目が赤くて痛いし、これくらいで仕方がないか、と思い直す。左目は乱視があるので、調子が悪いと日本でも0.7くらいだったこともあったし(しかし調子がよいと1.5)、しかしその数年後(今から8年前ほど) には両目とも2.0だったこともあったし、多少の上がり下がりはあると思われる。またきっと良くなるさ。実は死ぬまで裸眼を目指して頑張りたいと思っている。

それにしても目薬は強力だ。こんなに痛い目薬は初めてだが、差してから3時間。少し赤いかも、という程度にまで落ち着いた。目薬差す前に右目のアップの写真を撮っておけばよかった、と今はちょっと残念に思っている。

あわせて読みたい

  1. 2つ目の仕事。

    2006年7月23日0:00

  2. DVDが見れない…。

    2005年8月9日0:00

  3. self-discipline 。

    2005年9月12日0:00

  4. Moob。

    2009年2月20日17:06

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!