絶対話せる!英会話

日本生活満喫。

この記事は3分で読めます

日本へ帰国し丸4日。この4日間、思う存分食べたいものを食べ、よく歩き、とても健康的。そして毎日よく笑う。あー幸せ。

さてこの4日間何をしていたかと言うと…。

11日。
GCのための健康診断。26,500円もかかったー。予防接種はアメリカで終らせてきたので、一切なし。普段は混んでいるそうだが、その日は特別健康診断を受けに来た人が少なかったようだ。1時間40分で全てが終わり。何をしたかと言うと、(1)身長、体重、視力検査、血圧測定(2)尿検査(3)血液検査(4)レントゲン(5)先生による聴診器検査(パンツ一枚にさせられる)。想像したよりも時間がかからなかった。人間ドックや会社での健康診断の方が項目が多いような気がする。

その後市役所へ行き転入届けを提出し、健康保険に加入。1月に海外転出届けをしていったのだが、今回事情があり、日本の健康保険を保持することにした。

一日歩き回った後(トータルで1時間半ほどの歩行時間なのだが)筋肉痛になった。アメリカ生活の恐ろしさを再確認。運動不足による体力の衰えとそれに伴う病気へのリスクが懸念される。

12日。
病院へ。帰国直前受けた検査結果により、アメリカの医者に簡単な手術を勧められていた。アメリカで手術を受けるのなら(恐らく私の保険ではカバーされないと思われる)日本で受けたほうが金銭面からも精神面からもよいと判断。日本の病院でも3週間の滞在では治療を引き受けかねると言われたのだが、どうにか交渉し診察と検査を受けた。今は検査の結果待ち。長い間病院にいたので、何だかぐったり。

久しぶりに阪神戦を見る。何で5点リードしているのに負けるんだ。

13日。
銀行やら保険会社やら。その後バイトの面接に行く。あまりの時給の低さに驚く。交通費も出ないし、早めに集合する時間の時給は出ない。今のバイトってこんなに悪条件なのか…、と驚く。何せバブリーな頃にバイトしていたので、結構いい条件だった。それにしても派遣の仕事に比べると半分以下の時給である。この条件でも働く人がいるのだろうが、昔に比べると下限のレベルが下がっているようだ。

その後皮膚科へ。2月前半から手に出来た皮膚炎。お金がなかったので、病院へ行かなかった。かゆいし、皮膚は剥けてくるし、よく2ヶ月も我慢した。日本で病院に行ったら、診察代と薬代あわせても1,430円。あー日本人で保険があってよかった。何でも掌の汗が外に出ることができずにできた皮膚炎らしい。何でも環境の変化などで起きてしまうことがあるらしい。私の場合、渡米直後から出来たので原因は気候の変化と思われる。いらんところで繊細だ。

14日、本日。
やっと病院通いから開放。3ヶ月ぶりに新宿へ行く。久しぶりの電車でぎゅーぎゅーと人に押される。これは何度経験しても好きになれるものではない。
東急ハンズでいろいろと欲しかったものを買う。下から順番に昇って行ったところ、ふとマッサージチェアで立ち止まる。「ご自由にお試しください。」私はこの3日間、足が筋肉痛。試させていただきますとも。マッサージチェアのスイッチを入れ、あー極楽。12時の時報を聞き、のどかな午後。しっかり10分ほどマッサージしていただいた。

その後紀伊国屋へ。何でこんなに素晴らしい場所があるのかしら?目の前がくらくらした。アメリカで私が一番飢えていたのは日本の本。本当に日本の本は何て安いのかしら。何て見やすいのかしら。何て紙の質がいいのかしら。見るものほとんどが欲しくなってしまう。お金がないので、吟味して買わないと。実は一昨日は古本で7冊購入、昨日は古本1冊と新品で3冊購入。本代はケチらない私だが、そろそろお財布と今後の生活を考えないといけない。ということで今日は3冊購入で我慢した。紀伊国屋へは恐らくもう一度ほど足を運ぶだろう。私が日本短期滞在で一番行きたい場所は間違いなく本屋である。

そしてもう一つの行きたい場所。それは100円均一。私の家の近所の100均はSeria。ここの100均は他の100均よりも品物が洗練されている。色使いがかわいくて品揃えもいい。私の大好きな場所である。アメリカに1ドルショップはあるが、日本の100均ほど品揃えは充実していない。確かこのブログを始めた頃に日米ワンコインショップの違いは書いたと思うが、アメリカと日本は文化が違うので品揃えが全く違うのだ。アメリカの1ドルショップはカードやラッピング、写真立てなどが充実している。片や日本の100均は小物入れや整理用品、文房具が充実している。私はもちろん日本の100均の方が大好きである。

というように、病院通いを除けば、日本生活を満喫している私。毎日よく食べる。しかし毎日よく歩く。この歩ける環境がアメリカにいる間私が一番欲していたもの。歩けるって、何て素晴らしい。しかしちょっと歩いただけで筋肉痛。この3ヶ月の体力の衰え方は尋常ではないようだ。このままアメリカのあの町にいたら、私は間違いなく不健康。早く脱出したほうがいいだろう。大げさかもしれないが、あの町にいたら死期が早まるような気すらする。歩けないとストレスも溜まる。何よりも人間として体力的にダメになるような気がする。アメリカの車社会の中にいると、自分がブロイラーの鶏になっていくようだ。あんなに不健康な社会はそうそうないだろう。だからデブが多いのだ。運動しなくて、あんなに高カロリーな食品に囲まれて、日本人の3倍分はありそうなポーションの食事。不健康極まりない生活だ。飴r化に帰ったら、ステッパーでも買おう。このままいくと体力の衰えが心配すぎる。ちょっと歩いただけで筋肉痛なんて、本当にヤバイ、私の体。

さて明日とあさってはバイトをする。少しでも稼がないと、来学期学校へ行けなくなってしまう。一通りしなければならないこと、したかったことを終えたので、ここからは勤勉になろう。日本へ帰って来てから勉強もしていない。そろそろいろいろと開始し始めよう。

あわせて読みたい

  1. 基本は食事。

    2005年10月8日0:00

  2. 仕事してください。

    2006年8月31日0:00

  3. アメリカ4日目。

    2011年7月21日11:10

  4. ヤッターマン。

    2009年3月27日6:19

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!