絶対話せる!英会話

とても親切。

この記事は1分で読めます

2日前、UCから手紙が届いた。中身を見てみると、どうやってUCのFinancial Aidを受けるかの手続き小冊子が入っていた。同日、私立大学からもFinancial Aidを受けるために、FAFSAに申し込んでくださいとメールが届いた。そして本日は願書を出したUCのOffice of AdmissionsからもFinancial Aidをどのようにすれば受けられるのか、丁寧に説明されたメールが届いた。何て親切なのかしら。

基本的にどの大学でもFinancial Aidを受けたい場合、FAFSAに申し込まないといけないらしい。そして2007-2008のFinancial Aidの申し込みは1月1日から始まっており、最初の締め切りは3月2日。その日を過ぎてしまうと、受けとることができるFinancial Aidの内容も変わってきてしまうらしい。パンフレットによると、Grantsなどの受け取り額が9,000ドル以上も違っている。それは大きな額だ。

私は先日更新しようとしたところ、Taxの金額などが分からないため、学校のFinancial Centerで相談し、月末まで放っておくことにしたのだが、私立大学の方からも早めに申し込むようにとメールが届いていたので、もう一度チェックしてみようと思う。

そう言えば私はなぜか学校の給料から一度もTaxが引かれていない。金額が少ないからかな?なんて勝手に思っていたのだが、実はどんなに少ない金額でもアメリカはTaxを引かれるらしい。今日事務所でその話をしたところ、きっと何かEmployment officeが間違っているのだと思う、と言われた。なのでこちらも確認が必要。

ま、とにかくその税金の件をすっきりさせ、いくら申告する収入があるのかを確認し、早めにFAFSAの更新をするに限る。

それにしても普段は全然仕事の足りないアメリカで、「Financial Aidを受けたいのなら、もうすぐ締め切りですよ」とあちこちから親切にメールやら手紙が届くなんて驚いた。実は先週、学校からも「更新の時期ですよ」とお知らせがハガキが届いている。

これだけあちこちからReminderが届いたら、忘れないだろう。明日学校で税金のことをきちんと聞いてこよう。

あわせて読みたい

  1. Application提出!

    2006年12月1日0:00

  2. 新鮮な気持ち。

    2009年10月30日7:36

  3. 早いぞ、大使館。

    2005年11月16日0:00

  4. それでも書類、面倒。

    2005年11月19日0:00

  5. やっと全部揃った。

    2005年12月5日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!