絶対話せる!英会話

それでも書類、面倒。

この記事は2分で読めます

ビザ申請のための書類作り、休みの日でないと、やる気はないし、まとまった時間も取れない。なので今日はちまちまと書類作成。集める書類は集めるだけでいいが、面倒なのは、DS-156、157、158などである。DS-156は入力できるようになっているのだが、157と158は書式をプリントアウトして、手書きである。しかも各欄が異常に小さい。

例えばDS-157の過去10年間に渡航した全ての国(渡航年も記載)なんて欄は1.8cm x 7.2cmである。そしてその中に「List all countries you hav entered in the last ten years(Give the year of each visit)」と書かれており、枠の3分の1ほどを既に文字が占めている。なので書き込める空白なんて本当に少しだ。そこに私は、2002,2003,2005 U.S.A., 2002 Mexico, 1998 Iceland,The Czech Republic, Denmark, Poland, Germany, 1996, U.K., France, Italy, Germany, Malaysia, Thailandと書いたのだ。どれだけ私が小さな字で書いたかお分かりいただけるだろう。

そして同じくDS-157で「現在もしくは過去に所属、貢献、勤務していた、職業的、社会的、慈善的な団体を全て記入してください」という欄がある。それは1.6cm x 9.1cm。やはり同じく指示書きが空白部分を圧迫し、実際に書き込める空白は1cm x 9.1cmとなる。私のように派遣社員で働いていたことが多かった人にとっては、ここに全部入れるのは至難の業だ。また別の書式・DS-158には全職業を書く欄がある。これには何年何月何日から何年何月何日まで働いたこと、そこの住所、電話番号、職務内容も書き込まなくてはならない。派遣で行っていた会社なんて、辞めてしまえば住所や電話番号なんて保管しておくわけがないではないか。

恐らく10社以上は経験している私にとって、これは調べるのが一苦労だった。日本から撤退してしまった外資系の会社。場所が移ってしまい、名前を頼りに探した会社。そして計算しないと、自分が何歳のときにどこで何をしていたのかもさえ分からない状態。年を取るとどんどん計算する期間が長くなってくるし…。

これは去年大変な労力を要した。なので、昨年の書類のコピーは全部保管しておいた。そのおかげで今年は全部書き写すだけ。あぁー、本当にコピーを取っておいてよかったわー。

が、それでも書類は、面倒だ。
しかしやっとほぼ終了した。次は写真撮影に行って来なきゃ。

あわせて読みたい

  1. やっと全部揃った。

    2005年12月5日0:00

  2. これでやっと。

    2007年5月6日7:27

  3. 少しずつ渡米準備。

    2005年12月30日0:00

  4. 授業登録ができなーい。

    2006年1月12日0:00

  5. Essay。

    2007年2月14日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!