絶対話せる!英会話

Final exam一つ終了。

この記事は1分で読めます

ふぅーっ。HistoryのFinal examが終わった…。この2日間、本当によく勉強しました…と言う感じ。ギリギリでどうにか一通りの流れと言葉を覚えていった。日本語なら分かるのに英語だと何と言うのか分からない歴史の言葉は結構あるものだ。なので一つ一つ確認をしないといけない。

例えば、ラインランド進駐は英語では「Remilitalization of Rhineland」、独ソ不可侵条約は「Nazi-Soviet Non-Agression Pact」。会議は日本語になると会議だけだが、英語ではウィーン会議は「The Congress of Vienna」に対して、ミュンヘン会議は「Munich conference」となる。他にはドイツ語がなかなか覚えられなくて苦労した。「わが闘争」「Mein Kampf」なら簡単だが、「Lebensraum」は私には意味のないアルファベットの並びにしか見えないし、「Anschluss」に至っては、どうやって発音するのかも分からない。仕方がないので、こういう言葉たちは書いて覚えた。

テストは可もなく不可もなく。メチャメチャできたので、絶対に100点とも言えないし、できなかったと言うほどでもない。Multipleは60問中58問は自信があるし、残りはエッセイなので、何ともよく分からない。

エッセイは5問もあった。2時間も費やしてしまった。クラスメートは皆1時間少しで去っていった。はじめから3時間かかろうが構わないと言われていたので、のんびりとやっていたのだ。しかしそれが元で、最後にエクストラクレジットの答えを書いてくるのをすっかり忘れてしまった。ちっ、5点損した。

しかし、一つ終わってほっ。さ、次は明日の朝7時からの数学のテスト。今は8:30だから、寝るまで4時間くらいは勉強できそうだ。

あわせて読みたい

  1. 苦海浄土

    2008年2月10日10:12

  2. 勉強中。

    2009年4月26日15:18

  3. インド史。

    2009年4月7日13:56

  4. 数学の授業。

    2006年7月9日0:00

  5. コロンビア。

    2008年5月10日13:34

  6. 試験勉強中。

    2008年3月20日8:23

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!