絶対話せる!英会話

授業開始。

この記事は2分で読めます

さて、昨日から授業が始まった。私が取っているのは、ACC-1A。Accountingの基礎の授業である。朝、7時45分に教室へ向かったところ、経済のクラスで一緒だったトルコ人くん(いつも助けてもらっていた)が同じクラスを取ることを知り、かなり気分的に楽になった。7時45分始まりなのだが、教授は8時からと勘違いしており、ずっと教室の前で生徒は待たされたまま。鍵が閉まっていたのだ。さて、その教授は今朝も大遅刻。やってきたのは、8時20分だった。寒い中待たされたので、少し風邪気味になってしまった。全く、きちんと来て下さい、教授。今日は高速が閉鎖され、別のルートで来なければならなかったと言い訳していた。でも「今日は自分は悪くない」と力説していた。ここら辺がとてもアメリカ人的。教授はとても若く見えて、驚いた。私は教授と言うと、おじさんやおばさんのイメージがある。彼は見かけは日本人だが、中身はとてもアメリカ人で、実に堂々としている。

さて、授業は今日から始まった。昨日は授業がどのように進むかの説明だったので。昨日は教授は、「ここで知り合える人とのOpportunityを大事にしなさい。仕事を探すとき、彼女を探すときにも(この部分は笑いながら言っていたが)、コネクションは本当に大事だ。このクラスに30人がいる。一度に30人の人と同じ時間を過ごすこのOpportunityは将来きっと役に立つ」と力説。彼自身も仕事は全て人を通してゲットしてきたらしい。「一日500通も履歴書を受け取る人に、どうやって自分を売り込むか考えなさい。もし知り合いがその会社やその人と友人だったならば、interviewにたどり着ける可能性は広がるだろう。」と最初に言われた。周りの人皆が言うが、ここで仕事を得るのは、このコネクションが物を言う場合が多いらしい。そう考えると、アメリカは日本よりもずっとコネ社会のようだ。

教授は、時々かなりの早口になるのだが(自分でも早口だと言っていた。生徒に早すぎたら、教えてほしいとあらかじめ言っているほど。)かなりクリアに大きな声で話してくれるので、今のところほとんど問題はない。休み中にずっとTVを見るようにしていたせいか、何も考えなくても、ほとんど分かるようになっていた。驚きだ。地名、スポーツの話、人名はお手上げだが。もしハードワーカーでないのなら、通常4ヶ月の授業を6週間で完璧にこなすので、授業に付いてくるのは難しいから、覚悟するように、と始めに念を押された。

昨日の夜教授からクラス全員にメールがあり、宿題と宿題の答え、そして資料が送られてきた。私は夜11時にそれをゲット。よく見たら宿題は今朝まで?と書かれていたので、今朝5時半に起き取り組んだが終わらず、諦めて授業へ行った。幸い、宿題はテストの前までに提出すればいいことがわかり、ほっとしたところである。昨日は夜10時に(その前は私が仕事だったので)友人がビジネススクールに提出するレポート(どのように経済が発展してきたかについて)を持ってきて、今日提出なので、コレクションしてほしいとやって来た。もう本当に彼の文章は何が書いてあるか分かりづらく、2時間かかってしまった。その後にテキストを読み、今朝は5時半に起床。そしてこれから仕事。帰宅後はまたテキストと宿題に追われることになりそうだ。気が付いたら、またまた忙しい生活(前のセメスターより遥かに忙しくなることは必至)に突入していた。

無事にこれが乗り切れるように(今回はWinter Sessionなので2月10日まで)、皆さん私に"Wish me luck!"を。
さ、行かなきゃ。

あわせて読みたい

  1. 非常にまずい…。

    2005年7月10日0:00

  2. 後悔先に立たず。

    2006年7月5日0:00

  3. 分かっちゃいるけど。

    2007年3月12日14:04

  4. 朗報かも。

    2008年7月23日10:01

  5. 英作文。

    2004年11月3日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!