絶対話せる!英会話

アメリカ生活と体力の衰え、そして老化…。

この記事は2分で読めます

今日は夕方からずっと頭痛がしていた。昨日の寝不足が堪えたようだ。と言っても4時間近くは寝ているのだが。しかも一日だけなのだが。アメリカでもこういうことはよくあったのだが、そのときよりも何だかしんどい。やはり勉強だけで4時間しか眠れないのと、仕事と勉強をして4時間眠るのでは、圧倒的に後者の方が疲れるようだ。私は5時間半は眠りたい人である。しかし昔はもっとハードな生活をしていたはずなのだが、疲労度が違うのは、やはり歳を取ったせいだろうか。昨日友人のメールを見ていたら、1ヵ月半ずっと仕事で3時間睡眠だったそうだ。

彼女も確か30はとうに越えているし、体力的にも大変だったろうと思う。そういう人から比べたら、今は実家に戻り、家事もせず、仕事と勉強だけしているのだから、本当はもっと頑張れてもいいはずなのだが…。私も20台後半までは、人から感心されるくらいハードな生活をしていたこともあるのだが…。しかしもうあんんなに頑張れないと思う。

それと私の疲労の原因は、アメリカ生活で怠けきった体のせいだと思う。長時間電車の中で立っていたり(ウェイトレスはしていたが、それは歩き回る)、片道1時間20分の通勤が思ったよりも疲れるのは筋肉の衰えのせいだと思う。昨日つり革につかまっていたら、手が痛いことに気が付いた。自分の体重をまかせられるだけの筋肉が、私の腕にはもう残っていないのだ。思ったよりもアメリカ生活11ヶ月のツケは大きかった。人がいっぱいで目が回ったり、満員電車に耐えられない人になっているのだ。

先日電車で肺に息が少ししか吸い込めなかったので(みぞおちと肺が押され、息が吸い込めなかった)もうこんな生活は止めようと思い、今は定時の40分ほど前に会社に行っている。幸い早く来る人がいるので会社のドアも開いており、隅っこでおとなしくテキストを読んでいる。本当は喫茶店でも行けばいいのだろうが、お金がもったいないのでそんなことはしない。どこかに駅のフリースペース(椅子つき)があれば、もっと早く行きたいくらいだ。

私はまたしても早起きの習慣が身についてしまい、毎日5時半には目が覚める。早いときは4時半に起きてしまうくらいだ。早食いだし、化粧はほとんどしない人なので朝の用意も40分あれば家を出れる。一人暮らしのときだってお弁当を作っても1時間あれば余裕だった。朝早いのはちっとも問題が無い。電車だってすいている。本当は会社の通勤時間も8時からに変えてもらいたいくらいである。今の会社の私のメインの仕事は翻訳なので、少しくらい時間がずれてもいいと思うのだが、日本の会社は融通が利かないだろう。人によってプライムタイムは違うと思うのだが。

さ、今日はもう寝よう。ぐっすり寝てまた明日からの新しい週の課題に取り組もう。

あ、でも今日はそういえば七夕だ。子供の頃短冊に願い事を書いて、その後、川に短冊つきの竹を流し行ったことがある。あのときの願いは果たしてかなったのだろうか?何を書いたかも覚えていない。今からでも短冊作ってみようかな。何を書くかな。しかし、私は今何もほしいものが特にない。強いて言えば勉強時間を確保できる財政状態だろうか。全然夢がないな。

あわせて読みたい

  1. フル稼働

    2007年10月12日14:38

  2. Tutorさん、ありがとう。

    2005年3月2日0:00

  3. 95点!

    2004年11月12日0:00

  4. Google Scholar。

    2007年11月28日14:07

  5. 最近驚いたこと。

    2006年7月14日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!