絶対話せる!英会話

非常にまずい…。

この記事は2分で読めます

今やっとLesson7のエッセイを仕上げた。これからこのLessonのクイズを受ける。しかし、Lesson8と9はまだ手付かずの状態である。うーん、木曜日の夜までにはMidterm Essayも書かないといけないというのに、大幅に予定を遅れている。しかも来週分のLesson10から12もしっかり今度はネット上にアップされていて、気は焦るばかりである。

金曜日の夜から土曜日の夜にかけて、実は何もしなかったのである。Lesson1つ終わらせるのに、丸一日かかる私があとLesson2つ分のエッセイとクイズ、そしてさらにMidterm Essayを木曜日の夜までに終わらせるのはどうしたらいいのだろう?こうしている間にもやればいいのだろうが、今日は一日勉強していて飽きた。あー、どうして私はこうやって物事を進めるのが遅いのだろう。しかも何だか真剣さの足りない私。

しかし今日勉強したあたりの内容はおもしろい。第一次世界大戦についてである。日本史の授業でもここら辺まで行き着いたことはない。確か自分で教科書を読んだくらいである。なので、へぇーと思うことがかなりある。例えばドイツがメキシコに同盟を組もうと送った“Zimmermann telegram”など。友人のメキシコ人がこの話を以前していて、「おかしな話だよなー。」と言っていたので、「おぉ、これはそのことか。」と思い出した。日本の教科書ではこんなこと出てこなかったような気がする。このtelegramの存在がなぜかアメリカにばれ、結果としてアメリカの参戦への意思が固まっていったそうだ。

大統領Wilsonは、何だか気の毒な人である。理想に燃え、League of Nationsを含む14か条を作成してみたが、ヨーロッパの国々のリーダーには軽くあしらわれ、国内でもthe Treaty of Versaillesは批准されなかった。国内を説得旅行中に心臓発作。国際連盟はスタートしたが、言いだしっぺのアメリカは参加できず。

こんなこと全く知らなかったので(ひょっとして私がかなり無知なだけか?)勉強していて、とてもおもしろい。日本の歴史と重なり合うと、そして両方の国の歴史を両方の国の授業で受けてみると、見方の違い、教え方の違いなどが見えてきて興味深い。まだ日本は少ししか出てこないのだが、これからWorld War IIになればイヤでも出てくるだろう。

さ、テスト、受けなきゃ。

あわせて読みたい

  1. 宿題が終わったー。

    2006年3月17日0:00

  2. 間違いであってほしい。

    2008年10月7日9:06

  3. 週末…。

    2006年3月11日0:00

  4. Essay…。

    2007年4月4日4:43

  5. 授業参観。

    2008年7月9日12:18

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!