絶対話せる!英会話

数学の授業は…。

この記事は2分で読めます

いつの間にやら、数学(Math 35、Intermediate algebra )がかなり難しくなっていた。6週間の授業のうち、3週目まではほとんど中学生~高校の初期レベルだったのだが、4週目からは分からないことが増え、5週目(先週)はほとんど知らないことだらけになった。

例えば、logarithmsが出てくるのだが、私にしてみれば「これって何だっけ?」というほど遥か記憶の彼方。Change-of Base Formula(底の変換公式)、指数関数、対数関数、e inx=x ( In x = log e X )に関しては記憶の彼方にも存在していない。友人から借りた参考書を見てみると、これは数Ⅱの範囲らしい。私は高2のときには数学なんて、完全に捨てていたので、勉強した覚えすらない。しかも20年前だ。

なので全てが新しいことになってしまった。毎日3時間半の授業で、かなりの速さで進んでいくので(通常の学期の2.5倍)、追いついて理解するだけで精一杯である。一通り理解はできるのだが、自分ですらすら問題が解けるレベルではない。それにはもう少し時間が必要だ。

今日はクイズだったのだが、「?」という結果だ。戻ってくるまでよくわからない。ただいい点数でないことだけは確かだ。今のところ、80点、103点、110点、89点で、平均95.5点。(100点以上なのは、クイズの中にExtra creditがあったため。)うーん、今回は平均点を下げそうだ。

このクラス(Math 35)はトランスファーできないため、Cでも何でもパスすればいい授業だ。成績に関係ないとは言え、できれば「A」が欲しかったのだが、ちょっと今回は無理そうだ。20年ぶりの数学、やはりちょっと頭の回転が鈍っている。

一方Math 53 (Geometry)はとても簡単だ。知らなかったのは、円とTangent line, Scant lineの関係のみで、後は昔の知識だけで対応できた。授業は真面目に聞いているが、授業以外の勉強はほとんどしていない。試験前に言葉を覚えるために、さらっとテキストを読むだけで大丈夫だ。これは日本人には、とても簡単すぎるクラスだと思う。

それにしても、今さらながらの数学なのだが、意外にここのところ楽しんで勉強している。今までやってこなかったことなので、知らないことだらけであり、おまけに数字がいっぱいで何だか新鮮なのだ。分かり始めると、logでも何でもクイズのような感覚になってくるので、解けると嬉しい。20年以上前にこういう感覚を持っていれば、数Ⅱで9点なんて取らずに済んだのかもしれない。

さて、今週で数学2つの授業は終わり。明日と明後日勉強をしたら、明々後日のファイナルで終了だ。

新鮮な気分に浸っているうちに、さ、勉強を続けよう。

あわせて読みたい

  1. 来学期のスケジュール。

    2007年1月21日0:00

  2. Bマイナス!?

    2008年5月23日13:39

  3. 止めてよね。

    2008年2月14日7:55

  4. 気がついたら。

    2008年10月26日14:05

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!