絶対話せる!英会話

GPAの計算間違い。

この記事は2分で読めます

GPAの計算、それは間違ってはいけないでしょう。しかし私のUnofficial Transcriptは間違っていた。私の学校はWebで今までの総合成績が見られるようになっている。先日アプリケーション手続きのためにこのTranscriptをプリントアウトし、総合GPAと平均GPAを計算してみたら、なぜか私の計算結果と異なっている。私は手入力だがEXCELで一覧表を作ったので、計算が間違っているはずはない。データも正確だった。なのになぜ?

10日ほど前にカウンセラーに質問に行き、どうしてか聞いてみたところ、「きっとトランスファーに使えない科目を計算に入れてしまったのじゃない?」と言われた。いや、そんなことないって、と思いつつ、「一緒に確認して欲しいのだけれど。」とお願いし、一つ一つ確認してみた。「あら、本当におかしいわ。」とカウンセラー。そしてこの後はこのカウンセラーがトランスクリプトオフィスへ質問し、その後私に電話をくれることになった。そして1週間ほど前に、まだ解決できていないのだけれど、お願いしておいたからしばらくしたらまたネットで確認してみて、と言われていたのだ。

1週間しても修正されず、昨日もう一度そのカウンセラーに会いにいってみた。彼女は私のことを覚えていたらしく、今度は別のデータをプリントアウトしてきた。それには私の今までの全ての成績が出ている。そしてそのデータを元に、Unofficial Transcriptが作られているそうだ。一つ一つまたまた確認。そしてBusiness 10の授業が、カウンセラーが持ってきたほうのトランスクリプトに載っていないことを確認した。そして今度は彼女はすぐに責任者のところへ行き、解決してきてくれた。(最初からそうしてくれればいいのに…。)翌日、ネットで確認したところ、きちんとGPAは修正されていた。

今回何が分かりにくかったかと言うと、リストには私が今までに取った全科目の成績とユニット数が間違いなく載っていた。なのでどの科目が計算から抜けているのか、私が利用できるデータからではわからなかった。全科目リストに載っているにも関わらず、計算される際に、なぜかBUS10(3単位「A」)が抜け落ちていたのだ。リストからまるっきり科目自体が抜けていたのなら話は分かるが、UC Transfer GPAの計算からだけ抜けていたのだ。とても不思議だ。(ちなみに私の学校のウェブでは、総合GPA、UC Transfer GPA、CSU GPAの3つが表示される。)今回、UC Transfer GPAが少しばかり実際のGPAより下がっていたのだ。正確に言うとUC Transfer GPAは今のところ3.95のはずなのに、3.9474と表示されていたのだ。大差ないと言われるかもしれないが、人が一所懸命勉強した結果を下げたらまずいでしょう。

このTranscriptの計算間違いがOfficial Transcriptにも反映されているのかどうか聞いてみたところ、それは心配がない、と言われた。私の場合、BUS 10はアプライした大学のPrerequisiteなので、抜けていては洒落にならない。ま、しかし科目は書かれているので、これは単なる計算間違いだけだったらしい。しかし勝手に成績を下げないでいただきたい。

この話を今日私が働いているオフィスでしたところ、オフィスの人が「信じられない。そんなことあるの?」と、とても驚いていた。「こういうことがまたあっては困るから、今度から入学の際のオリエンテーションでGPAの計算方法を教えて、時々チェックするように学生に伝えた方がよさそうね。」とアドバイザーは話をしていた。私も成績を自分で送ることがなければ計算なんてしなかっただろう。Unofficialとは言え、正式な形でネットで見られるようになっているのだから、まさか間違いがあるなんて思ってもみなかった。(しかしねぇ、これだからアメリカ人の仕事は信じられない…と、またぶつぶつ文句を言ってみる。)

留学中の皆さんも一度きちんと自分で自分のGPAを計算してみることをお勧めします。人の仕事を信用してはいけない国、それがアメリカです。

あわせて読みたい

  1. 授業登録は大変。

    2007年12月16日16:47

  2. いよいよ来週から学校。

    2007年9月22日16:25

  3. 2日目。

    2006年8月30日0:00

  4. 授業開始。

    2005年1月5日0:00

  5. 最近の日課。

    2009年1月15日13:43

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!